クリオ2012 デザイン部門審査員に八木義博氏

2012年01月11日 掲載ブレーン 編集部

国際広告賞「クリオ賞」が、2012年度デザイン部門審査員に電通のアートディレクター・八木義博氏が就くことを発表した。同氏は2001年入社後、09年に市田ガーデン(徳島市)の「Newspaper to New Paper」プロジェクトでクリオ賞、カンヌ・ライオンズ、ワンショーほか複数の国際賞を受賞。最近の仕事にJR東日本「行くぜ、東北。」などがある。就任にあたって、同賞は「八木氏は、メディアやカテゴリーにとらわれない考え方の持ち主」と評した。


関連記事

  1. 資生堂が10月からブランドマネージャー制を導入、100人の経験者採用へ
  2. 30オトコを応援するプロジェクトチーム、R25運営会社より発足
  3. 表現方法と仕上げのテクニックこそ、アートディレクターの腕の見せ所
  4. ポカリスエット、今夏のプロモーションは「スマホでできるプロジェクションマッピング」

Pick Up!

注目記事

コラム

新刊情報

SEN_2015ADRG広告界就職ガイド2015

宣伝会議 編
定価:本体 1,680円(税込)

広告の仕事を詳しく知り、自分に合った仕事や会社を見つけられる、広告界就職の決定版。コピーライターや営業、プランナーなど職種別の先輩インタビューのほか、主要広告会社の採用プロセス、広告関連会社1050社の会社データを掲載。

pole_man01電信柱の陰から見てるタイプの企画術

福里真一 著
定価:本体1,680円(税込)
2013年10月30日より順次発売

『宣伝会議』で連載された同名の連載が遂に書籍化! サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」など、人気CMを生み常に多くの人に受け入れられるアイデアを考えている福里真一の企画・発想術が詰まった一冊。

ページの先頭へもどる