クリオ2012 デザイン部門審査員に八木義博氏

2012年01月11日 掲載ブレーン 編集部

国際広告賞「クリオ賞」が、2012年度デザイン部門審査員に電通のアートディレクター・八木義博氏が就くことを発表した。同氏は2001年入社後、09年に市田ガーデン(徳島市)の「Newspaper to New Paper」プロジェクトでクリオ賞、カンヌ・ライオンズ、ワンショーほか複数の国際賞を受賞。最近の仕事にJR東日本「行くぜ、東北。」などがある。就任にあたって、同賞は「八木氏は、メディアやカテゴリーにとらわれない考え方の持ち主」と評した。


関連記事

Pick Up!

注目記事

新刊情報

あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか 表紙あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか?

定価:本体1,600円(税別)

楽天大学学長 仲山進也氏が、低価格競争、過剰サービス競争といった「消耗戦」を抜け出して、楽しくかつ顧客満足度を高めるビジネスの方法を指南。また、それを実践しているECショップの成功事例を12件掲載。「Advertimes(アドタイ)」で毎回アクセスランキングNo.1となった人気コラムがいよいよ書籍化!

at0727-1伝わっているか?

定価:本体1,400円(税別)

言葉を変えるだけで仕事が、恋愛が、毎日が劇的に変わる 目からウロコの20のメソッドを「いるか」がナビゲート!わかりやすいストーリー形式でスラスラ読めて、深く納得できる まったく新しい学べるエンターテインメントの誕生です。

ページの先頭へもどる