ACC賞グランプリはペプシNEX ZERO桃太郎、インタラクティブ部門初のグランプリは「Sound of Honda」に

share

全日本シーエム放送連盟(ACC)による「2014 54th ACC CM FESTIVAL」のグランプリほか各賞が決定した。

【関連記事】「ACC賞テレビ部門、上位10作品中4作品がTUGBOATの企画」

本年度の応募総数は 2,278作品 (テレビCM1,455作品、ラジオCM535作品、ME55作品、インタラクティブ 、インタラクティブ233作品)の中から、総務大臣賞/ACCグランプリに選ばれたのは、以下の作品。

テレビCM部門

サントリーホールディングス pepsi NEX ZERO 桃太郎「Episode ZERO」篇、桃太郎「Episode.1」篇
(TUGBOAT+読売広告社+東北新社)

ラジオCM部門

ワコール/ブラ全般 ボクの周りのブラ事情・姉/ボクの周りのブラ事情・友達
(電通+エムアイティギャザリング)

ME(マーケティング・エフェクティブネス)部門

アディダス ジャパン/サッカー日本代表ユニフォーム「輪になれ、日本。」
(SIX+TBWA\HAKUHODO+夢の稗田+東北新社)

インタラクティブ部門

本田技研工業/インターナビ Sound of Honda/Ayrton Senna 1989
(電通+電通クリエーティブX+ライゾマティクス+Ooxmo+メタファー+fuzz+マーク+シプー)
※インタラクティブ部門は本年度より新設。
「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」関連記事はこちら

またCMの企画力、アイディアのチカラを持つ「制作者個人」へエールを送るため、クリエイターズ殿堂受賞者であり、CMプランナーにとって歴史的存在である小田桐昭氏の名前を関したテレビ「小田桐昭賞」には、BIG「10億円だぞ」篇、「こういう顔」篇の制作者である岡野草平さんが選ばれた。

なお各賞は後日、ACCのホームページでも視聴できる予定。


【関連記事】「ACC賞テレビ部門、上位10作品中4作品がTUGBOATの企画」
「ACC賞」に関連する記事はこちら

Follow Us


オススメ記事

アドバタ会議