味の素・伊藤会長がJAA新理事長に就任

share

日本アドバタイザーズ協会(JAA)は、新たな理事長に、味の素の伊藤雅俊・代表取締役会長が就任したと発表した。また専務理事は、鈴木信二氏(元・味の素執行役員ウェルネス事業部長)が務める。いずれも2月26日付。

伊藤雅俊(いとう・まさとし)
味の素代表取締役取締役会長。1971年味の素入社。99年取締役食品事業本部長、2003年取締役兼味の素冷凍食品代表取締役社長、06年味の素代表取締役専務執行役員食品カンパニープレジデントを経て、09年代表取締役取締役社長最高経営責任者に就任。15年6月から現職。

前理事長の佐治信忠氏(サントリーホールディングス代表取締役会長)は、同日付で退任した福原義春氏(資生堂名誉会長)に代わり、相談役に就く。

日本アドバタイザーズ協会は、広告主企業293社の会員を持つ公益社団法人で、1957年設立。会員社数は2015年12月17日現在。

JAA第59回定時総会・臨時理事会(2月26日)後の新体制は以下のとおり(敬称略)。

○理事長/伊藤雅俊(味の素・代表取締役取締役会長)
○常任理事兼理事長代行/土橋代幸(トヨタマーケティングジャパン・取締役)
○常任理事/天羽賢次(味の素・理事広告部長)
○常任理事/久保田和昌(サントリービジネスエキスパート・常務取締役宣伝・デザイン本部長)
○常任理事/小出誠(資生堂ジャパン・コミュニケーション統括部長)
○常任理事/吉田勝彦(第一三共ヘルスケア・取締役常務執行役員)
○常任理事/細川浩二(パナソニック・ブランドコミュニケーション本部宣伝部長)
○専務理事/鈴木信二(日本アドバタイザーズ協会)
○相談役/西室泰三(東芝・相談役)
○相談役/佐治信忠(サントリーホールディングス・代表取締役会長)


「日本アドバタイザーズ協会」に関連する記事はこちら

Follow Us