復刻でPR ちいさな市場で商品提供

テーマ:
購買者も少なくすたれていった商品はないだろうか。広報・PR戦略コンサルタントのマハロ今井英法です。

河内そうめんの復刻に取り組むご夫婦のニュース。

江戸時代から枚方市の山あいの農家に受け継がれてきた河内そうめん作りに取り組む夫婦がいる。地元で米穀店を営む藤井繁雄さん(44)と春乃さん(42)。古くからの伝統を継承してきた農家はすでに廃業しており、夫婦は「わずかな気象の変化に左右され、経験不足でわからないことが多い」と悩みながら、地域の味を守ろうと試行錯誤を続ける。(読売新聞、大坂版、2013年2月26日)

収支。顧客の減少。トレンドの変化。

大企業であっても、規模の小さな企業でも、戦略で悩むところ。

家族で小さな規模なら。規模は小さくても、熱狂的なファンのいる市場。

地域。伝統。家族。

この3つのキーワードの広報・PR。

蒙古タンメンのお馴染みの「中本」は、経営者が店を閉める。その店の常連客が、同じ味を届けたいと、引き継ぎ、今の中本人気があります。

大手企業もメインの売り商品のほかに、復刻版の商品の再販売流行。

復刻できる商品、サービスはありますか。


広報、PRの相談をされたい方
このブログの読者になる(チェック)
無料メルマガ マハロPR塾★考えるマーケティングPR