仕事とプライベートを分けてFacebookを使いたい!ビジネスマネージャでFacebookページを運用しよう

フェイスブック公私分けたい
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイスブック公私分けたい

FacebookページやFacebook広告など、会社で活用するのに個人のアカウントから手続きすることに抵抗感を覚えたことはありませんか。

今後Facebook運用担当から自分が抜ける可能性や、会社の人とFacebook上でつながることを考えると、色々不安になるのではないかと思います。そこで、今回はその不安を解消する方法としてビジネスマネジャをご紹介します。

ビジネスマネージャとは?

ビジネスマネージャとは、Facebookページや広告アカウント、アプリを一元管理できるツールです。既存のアカウントをビジネスマネージャに移行することが可能です。特に代理店や、複数のアカウントを保持している企業にとって便利だと言われています。

メリットは?

では、一つ二つしかアカウントを持っていない企業にとってのメリットは何でしょうか。筆者の見解としては以下4つが挙げられます。

・アカウント権限付与にあたり関係者と友達になる必要がないこと
・個人のアカウントで会社のクレジットカード登録をしなくてよいこと
・Facebook担当が交代した際もアカウントの引き渡しがスムーズなこと
・通常のFacebookの画面と切り離されているため、仕事に集中できる
(作業中に友達の投稿やメッセージなどが目に入らない)

要は、より仕事とプライベートでのFacebookの使い分けが可能になるのです。逆に言うと、その必要性を感じない場合は無理に移行しなくてもよいのではないでしょうか。

ビジネスマネージャへの移行方法

では、さっそくFacebookページをビジネスマネージャに移行していきましょう。設定画面( https://business.facebook.com/create )を開きます。

ビジネスマネージャTOP

「次へ」をクリックしたら、基本データを入力しましょう。ビジネスにどういう立ち位置で活用するのかを「代理店」「広告主」「アプリ開発者」のなかから選びます。

ビジネスマネージャ基本情報

なお「広告主」「アプリ開発者」を選択すると、業種をきかれます。適切なものを選択してください。

ビジネスマネージャ 業種

ビジネスマネージャを管理するユーザー数とビジネスマネージャで管理する予定のFacebookページ、広告アカウント、アプリ件数を選択したら「次へ」をクリックしましょう。

次いで、名前の入力です。アカウント名にしたい名前を「会社名」に入力し、メインのFacebookページを選択します。

ビジネスマネージャ 名前登録

なお、メインのFacebookページ(別名、主要Facebookページ)とは、ビジネスマネジャーを代表するページです。業務用のアクセス権をリクエストするページとなるため、自分が管理者となっているページでないと指定できません。

ビジネスマネージャ 氏名

ビジネスマネージャ内で表示させる氏名、メールアドレスを入力し「ビジネスマネージャを作成」を押せば、完了です。

ビジネスマネージャ 作成完了
一度ビジネスマネージャを作成すると、後から広告アカウントやFacebookページの追加、他ユーザーとの共有などの設定をすることができます。

ビジネスマネージャ利用にあたり個人アカウントは必要か?

よくある質問として「Facebookの個人アカウントを取得せずにFacebookページだけ作りたいのですが、可能ですか?」というものがあります。

残念ながら現在はできません。ビジネスマネージャを使う場合でも、本人確認のため個人アカウントでログインする必要があるのです。

ただ、この質問の意図を聞いていくと「仕事とプライベートを分けてFacebookを使いたい」というケースが多いのです。

Facebookの使い方は人それぞれ。選択肢の一つとしてビジネスマネージャを考えてみてもよいのかもしれません。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ