Advertimes アドバタ会議
この本いいよ!「わが子を『心が折れない子ども』に育てる方法」水野まさこ著 | 「繁盛店は本気で相手の立場に立っている」相手軸コンサルタント:松下雅憲のブログ

「繁盛店は本気で相手の立場に立っている」相手軸コンサルタント:松下雅憲のブログ

「相手の立場」に立つのは当たり前。繁盛店は「本気で相手の立場」に立っています。では「本気で相手の立場に立つ」にはどうすれば良いのか?ブログではそこんところをもっと詳しく、ほぼ毎日書いております。どうぞ、宜しくお願い致します。


テーマ:


たいてい子どもは危ない目に遭えば、親に話してくれます。しかし、こんなやりとりになることはないでしょうか。
「今日、すっごく危なかったよ」と子どもが話し始めました。それを聞いていた親は、途中まではうん、うんと聞いていたのですが、「あなたが、もっと注意しないからよ」と言いました。

親は心配なあまり、子どもに二度と繰り返してもらいたくないから言ったのです。しかし、子どもは自分なりに注意していたのに、そうなってしまったのです。叱られた気分になり、子ども話すのを止めました。それからは、事故や事件の話は、なんだか親が不機嫌になるような気がして話さなくなってしまいました。

******

これは、今日ご紹介する「わが子を『心が折れない子ども』に育てる方法」と言う教育本の一節です。
この本の著者である、水野まさこさんは、私が講師を務める「「ビジネス書著者」デビュー☆プロジェクト」のとっても優秀な受講生です。

彼女は、小学校教師を36年間務め、今は、フリーの教育師として、子育ての悩みを解決するお仕事をされています。

彼女がこの本で伝えたいことは・・・

「育て方ひとつで子どもを強くすることは出来る。その方法は驚くほど簡単」

と言うことです。

彼女自身の親としての経験
小学校教師としての経験
人としての経験

彼女が、そこから学んだたくさんの「基本」がここには綴られています。

さて、この本のメインの読者ターゲットは、もちろん「子を持つ親」「子どもに関わる仕事人」でしょう。
しかし、このブログの冒頭を読まれた方は、もう気がついていると思います。
この本は、部下を持つ上司、チームスタッフを率いるリーダーにもとても役に立つ本なのです。

なぜならば、親の態度ひとつで子どもが変化する・・・それは、上司の態度ひとつで部下が変化するのと全く同じだからです。

私自身、店長育成コンサルタントとして、またコミュニケーションコーチとして、人と人との関わり合いの悩みに日々触れています。
そんな私が、この本からは「あ、そうなのか!」「うん、そうだよね」と何度も何度も学びをいただきました。

言葉の使い方、態度、行動、返事・・・

愛する子どもを見守るように、大切な部下達を見守っていきたい。
そんな気持ちにさせてくれた本でした。
水野まさこさん、イイ本を、ありがとうございました。

※「わが子を『心が折れない子ども』に育てる方法」水野まさこ著  のAmazonサイトはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4495531913/



いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



※「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」(同文舘出版)のAmazonサイトはこちら(でも、出来れば本屋さんで買って下さいね。どうぞ、宜しくお願い致します。)
http://www.amazon.co.jp/dp/4495530313/


※「店舗力診断」「従業員満足」「ミッションPDCA」「中小企業のブランド戦略」に関するご相談、従業員満足度調査、セミナー、研修、売上アップコンサルティングなどについては、弊社までメールかこのホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

※「店長ナビ・店舗力診断」専用のホームページがオープンしました。詳しくはこちら!
http://www.tenchonavi.com/


※「店長ナビ・店舗力診断webアプリ」と言う新サービスがスタートしました。詳しくはこちら!
http://tenchonavi.com/contents_124.html

相手軸経営コンサルタント 松下雅憲さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス