スイス‐米国間のプライバシーシールドフレームワーク対応について

所要時間 1 分 Benchmark

当記事はBenchmark Email米国本社Andy Shore執筆の”Benchmark Email is Swiss-US Privacy Shield Certified“を基にしています。

Swiss – U.S. Privacy Shield Frameworkとは?

スイス連邦とアメリカ合衆国は年初にSwiss – U.S. Privacy Shield Framework(スイス‐米国間のプライバシーシールドフレームワーク)に合意しました。Privacy Shieldとは、EU加盟国から米国に移転される個人データの保護を強化するために、2016年に両政府間で合意された枠組みのことです。認定されている企業は、スイス-米国間での個人データの取り扱いが可能となります。

従来の個人データ移転のフレームワークでるSafe Harbor Framework(セーフハーバー協定)はこのフレームワークに置き換えられることとなり、以前よりもさらに強固な個人データの取り扱い手続きを定めています。

個人データ保護のフレームワークがグローバルに整備されている今、日本のマーケターにも是非知っておいていただければと思います。

(参考記事)
世界一厳しい? ヨーロッパの個人情報に関する新協定『Privacy Shield』を知っておこう!

Benchmark Emailはスイス-米国間プライバシーシールドフレームワークの認定を受けており、またEU-米国間の個人情報移転に関する新協定である「Privacy Shield」のデータ保護要件に準拠している企業にも選ばれています。

Benchmark Emailは今後もプライバシーポリシーをアップデートして参ります。
Privacy Policy for Benchmark Email

(関連記事)
EUではじまるGDPRって何?日本のマーケターに必要な対策は?

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。

avatar
  登録  
Notify of