動画制作で「刺さるマーケティング」を!

図1

 

もしあなたが、商品は優れているのに売れ行きが伸びない、業界は拡大しているのに恩恵を受けられていない、といった悩みをお持ちなら、「消費者に刺さるマーケティング」ができていないからかもしれません。

そもそも「マーケティング」とは、生産者から消費者へ、サービスや製品を効率よく届ける活動です。

商品が優れていたとしても、消費者のニーズに合っていなかったり、必要としている人が商品の存在自体を知らなかったりした場合は、購入に繋がりません。つまり、マーケティングを見直すことが必要に。

そこで有効なのが、一人ひとりに最適な情報を届ける、「パーソナライズ」されたマーケティングです。しかし、最適な情報を届けるには、まず消費者ごとのニーズを知ることが欠かせません。

今回は、どうやって情報を集めればよいのか。そして、その情報を活用したパーソナライズ・マーケティングの実践について、解説します。

 

多角的に情報を集めて消費者ニーズを浮き彫りに

的確なパーソナライズ・マーケティングは、企業にも消費者にも恩恵をもたらします。この会社は顧客を大切にする会社だ、と感じてもらえるようになれば、そこから先はおのずと成功に近づいていくでしょう! メールも開いてもらいやすくなり、さらなる商品購入や取引の可能性、家族や友達に、口コミで推薦してもらえる可能性も高まります。

それでは、消費者を知るための具体的な方法を、4つご紹介しましょう!

図2

 

消費者の情報を集める4つの具体策

 

1.ソーシャルメディアをリサーチしよう

今の時代、マーケティングを行う時は、SNSをはじめ、動画共有サイトやブログなどのソーシャルメディアを無視することはできません。これらはもはや、情報の宝箱のような存在なのです。

消費者が、自分についてのデータを自由に公開しているメディアからは、居住地や業種などの人口統計学的なデータを入手できます。これにより、買物の傾向や習慣、興味などが分かってくるのです。

また、ユーザーのプロフィールデータでは、名前やメールアドレス、友人関係を公開していることがあるかもしれません。こういったデータを有効活用することで、ターゲットを絞ったマーケティングが可能になります。

 

2.直接質問を投げかけてみよう

ソーシャルメディアのリサーチでは、消費者の情報を多く得られますが、企業がマーケティングに必要な情報は得られない場合もあります。

そんな時は、企業から消費者に質問を投げかける手段が有効。自社のウェブサイトやソーシャルメディア、市場調査、アンケートなど、方法は多種多様です。情報を求める時には、一度に多くの質問をせず、機密保持を約束することで、ユーザーが気軽に、安心して回答できるようにしましょう。

また、いかに多くの消費者から意見を送ってもらえるかも重要です。そこで役立つのが、動画を活用すること。そして、こちらの問いかけにしっかりと答えてもらえるようにするには、たった数分で見られる短さで、視聴者の集中を途切れさせないことが大事です。それには、「解説動画」がおすすめ。トピックを伝えることに特化している解説動画なら、質問への回答を促しながら、企業側から相手にメッセージを伝えることも不可能ではありません。

 

3.自社サイトがどう利用されているかを解明しよう

あなたは、自社のウェブサイトをトラッキングしたことがありますか? ぜひ、やってみてください。ユーザーが何にアクセスし、どこをクリックしたか分析することで、どんな情報に興味を持っているかが分かります。

ここでは、ウェブ分析のツールや、Cookie、閲覧履歴、検索履歴、IPアドレスなどを使えば、使用状況のデータであるメールの既読確認やウェブサイトの使用頻度、登録ユーザーかどうか、検索した商品と購入した商品などを把握できるでしょう。ウェブ上のアクションから、おのずと次のマーケティング戦略が決まってくるはず。

図3

 

4.取引データを見直そう

消費者それぞれの購入履歴をはじめとした取引データは、今まで紹介した情報収集の中でも、マーケティング戦略に直結する重要な情報と言えます。

例えば、これまでの購入回数、平均購入金額、閲覧回数の多い商品のカテゴリー、購入した商品の数、注文した時間帯などのデータはすべて、消費者の素直な声に他なりません。

また、ECサイトであればショッピングカートも重要な情報源。何が入っているのか、何が削除されたのか。ウィッシュリストに入っているのに、なかなか購入へ至らないものは何か? こういったデータを使って、消費者一人ひとりの興味に訴えかけるマーケティングが可能になります。

 

いよいよパーソナライズ・マーケティングを実践

集まった情報から、それぞれの消費者に興味を持ってもらえるコンテンツの傾向が分かったはず。正しくパーソナライズすれば、きっと心に刺さるマーケティングが成功します。では、パーソナライズ・マーケティングで、商品に興味を持ってもらえたら?

次は魅力をしっかり伝えて、クロージングすれば良いのです。

パーソナライズ・マーケティングについては理解できたけど、魅力をしっかり伝える方法は、良くわからない?

その場合、「解説動画」が役立ちます。どんなに複雑な製品やサービスでも、その魅力をたった数分で伝えることができるうえ、見た人に「もっとこの商品について知りたい」と思ってもらえるからです!

「解説動画」に興味がわいたら、私たちsimpleshowへご相談を。たった数分で、難しいトピックを理解・共感してもらうことに特化した「解説動画」の専門家です。

ぜひ、お気軽にご連絡ください。皆さまのお問い合わせをお待ちしております!

 


「simpleshow」とは?

simpleshowは、2008年にドイツで創業した動画制作のグローバル・カンパニー。“世界のすべてをシンプルに”をコンセプトに、独自で開発した解説の手法を用いて、クライアントの複雑なサービスや情報を、わかりやすく伝える動画を企画制作しています。
複雑な内容を理解させる解説動画イメージ



◎simpleshowのWebサイトはこちら。お問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中