Advertimes アドバタ会議

エリアシ

コラム

Yahoo!、10万、ヨロって……(^_^;)

~駆け出しデジタル・マーケッターの奮闘記⑧~

image01

「あわわわわ。ヤマちゃん。……どうしよう」

image02

慌てた様子のハマちゃんが、すがるような目でヤマちゃんに話しかける。
「どうしたの?」
「いや……。さっき営業の奥野さんがやってきて、Yahoo!、10万、ヨロって言われて」
「はあ?何それ。受けたの?その話」
「うーん。だって奥野さんって色黒で、カラダも声も大きいんだもの。ついつい……」

image03

「ダメーっ、そんなのっ!魚河岸に魚仕入れに行くんじゃないんだから、そんな訳の分からない発注受けちゃダメでしょっ」
「うう……」
「だいたいYahoo!に広告出稿するのだって、いろいろと種類があって、出稿の目的や想定される広告効果で選定しなくちゃいけないでしょう」
「うん。そうだね」
「だったら奥野さんに言わなくちゃ!いきなり10万でYahoo!なんて!」
「そうだね。そうだね。でも…どんな種類があるの?」
「えっ。知らないの?簡単にまとめるとこんな感じよ」

image4

「その中でも代表的なものをピックアップすると……」

ディスプレイ広告(バナー広告)

「インターネットを見ていると、右側や上の部分に目立つ画像があるでしょ。それをクリックすると別のサイトへ飛んで行く。その画像がディスプレイ広告なのよ。ウェブページの中でも目に付きやすくて、たくさんのインターネットユーザーに広告を見てもらえるから、ブランディングや認知啓発に向いていると言われているわ。でも、ほかのインターネット広告と比較して、費用は高額なの」

「ディスプレイ広告(バナー広告)」の例↓
image5
※画像はサンプルです

「料金はどうやって計算するの?」
「そうね。多くのディスプレイ広告は、インプレッション保証型という課金方式を取っているの。ウェブサイトに表示された回数に応じて支払う方法よ。これは広告をクリックしてもらうだけじゃなく、何回表示されたかで認知度を高めるブランディング効果も得られるの。他にPPC(ペイ・パー・クリック)という課金方法もあって、これはクリックされた回数に応じて支払う方法なの」
「あと、ネットで検索すると検索結果に広告も表示されるじゃない。あれはどういう種類の広告?」

検索連動型広告(リスティング広告)

「それはね、検索エンジンの検索窓に入力されたキーワードに対応した広告が表示される手法なの。多くはテキスト表示なので画像広告に比べると若干目立たないけど、自分が探しているくらいだから、そのキーワードにはニーズがあるじゃない。その情報を求めている人にのみ表示される広告だから、見込み客への訴求力は抜群なのよ。PPCで、押された数だけ払うというシンプルさも魅力のひとつよね」

「検索連動型広告(リスティング広告)」の例↓
image6
※画像はサンプルです

「なるほど~。あとね、ネット見てていつも気になるのは、ボクの興味がありそうなことが必ず表示されてること。どこのページに行っても、ずっとついてくるんだよ」

興味関心連動型広告

「はいはい。それは興味を持っている人に見てほしい興味関心連動型広告といって、インターネットユーザーが見ているウェブページや過去の閲覧履歴、直近の検索キーワードなどに応じて表示される広告よ」
「そっか~。いつも出てくるから気になっちゃうよね」
「それがこの手法のポイントね。自ら検索したキーワードに応じて広告が出る検索連動型とは違って、ただネットを見ているだけのインターネットユーザーにも広告を見てもらうことができるので、見込み顧客の開拓につながるのよ」

「興味関心連動型広告」の例
image7
※画像はサンプルです

「そっかー。ネットの広告っていってもいろいろあるんだねぇ」
「そうよ!だからYahoo!に10万なんて乱暴な話じゃ受けられないのよ!……あっ、ちょっと待って。今思い出した。この間ウェブで見たんだ」

Yahoo!ブランドパネル リニューアル

→詳しくは【特別インタビュー】Yahoo! JAPAN ブランドパネルがリニューアルの記事をご覧ください。

「Yahoo!ブランドパネル広告」の例↓
image8※画像はサンプルです

「スマートフォン版のYahoo! JAPANのアプリにブランドパネル広告が掲載されることになったのよ!」
「えっ。それってすごいことなの?」
「当たり前よ!アプリを起動したら最初の画面に広告がバーンと映されるのよ」
「それはすごいね」
「それに、スマートフォンなら細かくエリア指定ができるから、10万っていう予算でも対応できるかも」
「そっかー。ありがとうヤマちゃん。これを持って奥野さんと話してくるよ」
「だからぁ。何のための広告か聞いてきなさいって!」

image03_rv

PROFILE

廣瀬 亘

電通西日本

コミュニケーションプランニングセンター ビジネス開発部

ビジネスデベロップメントディレクター

1996年、鉄道系広告代理店より転職し電通西日本に入社。広島支社にて営業職を務め大手紳士服販売会社、大手移動体通信キャリアをアカウントプランナーとして担当。地域電通発足時に企画営業スタイルを創造する。 その後内勤職としてプロモーションとマーケティングを融合させたソリューション・セクションの立ち上げに従事。2011年大阪本社に異動後コミュニケーションプランニングセンターに所属し新規ビジネスの開発に携わる。近年は、数字では見えないクライアントとユーザーとの関係性。たとえば共感・愛着・信頼が生み出す価値を重視してプランニングすることを目指している。

■日本マーケティング協会 マーケティングマスター

■ウェブ解析士

※このコラムは執筆者の個人的見解であり、株式会社電通西日本の公式見解を示すものではありません。
※このサイトに記載されている社名・商品名・サービス名等は、それぞれの各社商標または登録商標です。

[ 関連記事 ]

種類・特徴から用語集まで網羅!ネット広告基礎知識 ダウンロードはこちらから エリアシ編集部のクチコミ

月刊

電通西日本のメールマガジン
セミナー情報や広告トレンドを配信!!メールサンプル

INTERVIEW

記事内容や電通西日本の事業内容にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ