Advertimes アドバタ会議

中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説

「中国人へのプロモーションを効果的に行うにはどうしたらいいんだろう……」

と思っている方。

中国人へ効果的にプロモーションするには、中国特有の消費動向やインターネットの利用状況を押さえておくことが必要です。

とはいえ、具体的にどのようなプロモーションを行えばよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 「モノからコトへ」中国人の消費ニーズは体験型消費へ
  • 中国人へのプロモーションのカギは「微博(Weibo)」
  • 中国市場で重要な季節イベント「春節」「国慶節」「労働節」

の順にお伝えします。

プロモーションによる集客はハードルが高く感じるかもしれませんが、押さえるポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、中国人へのプロモーションについてざっくりと知りましょう!

「モノからコトへ」中国人の消費ニーズは体験型消費へ

2015年には中国人観光客による「爆買い」というキーワードが日本に広まりました。

それから約3年が経ち、インバウンド市場においては日本での買い物を重視する「モノ」消費から、日本でしかできない体験を重視する「コト」消費へとニーズが変化しています。

コト消費へのニーズ変化を受けて観光庁は2017年、日本の観光における体験型コンテンツの重要性について提言しました。

提言では、地域の観光資源を活用した体験型コンテンツを広める手段として、

  • 地域固有の自然の活用
  • 日本の生活・文化体験
  • お祭りの外国人への開放

などをピックアップ。さらに、新たな体験型コンテンツや、それを支える取り組みとして

  • ナイトタイムエコノミーの検討
  • ビーチの活用
  • チケット購入の容易化
  • VR・ARの活用

などを推進していくことが施策として盛り込まれています。

インバウンドプロモーションを考えるうえで、中国人インバウンド客のニーズが「モノ消費からコト消費」へシフトしていることを押さえておくことは重要です。

出典:観光庁「『楽しい国 日本』の実現に向けた観光資源活性化に関する検討会議」

次は、中国人へのプロモーションにおいて重要な「微博(Weibo)」についてお伝えしますね。

中国人へのプロモーションのカギは「微博(Weibo)」

今や海外旅行やショッピングの情報を得るうえで、インターネットは欠かせません。中国においてもインターネットの利用は広まっていますが、他の国と大きく異なるのが

  • Google
  • Facebook
  • Twitter

などの世界的に有名なインターネットツールが利用できない点です。

中国では政府よってインターネットの利用に制限がかけられているため、政府に許可されたツールやSNSしか使うことができません。

中国でもっとも使用されているSNSの1つが「中国版Twitter」とも呼ばれる「微博(Weibo)」です。

以下では微博(Weibo)を利用してできるプロモーションとして、

  1. 影響力の高いKOL(Key Opinion Leader)を使ってリーチを増やせる「微博ADネットワーク」
  2. ターゲットを絞って情報を配信できる「微博Feed広告」
  3. 短期間でさまざまなPRが可能な「微博イベントツール」

の3つを紹介します。

1. 影響力の高いKOL(Key Opinion Leader)を使ってリーチを増やせる「微博ADネットワーク」

KOL(Key Opinion Leader)とは、中国において影響力を持つ「インフルエンサー」のことです。KOLはテキストや写真、動画などを使って多くの人の目にとまる投稿をしており、それを活用することが新たな広告手段として注目を集めています。

微博(Weibo)においてKOLを活用できる広告が、「微博ADネットワーク」です。

この広告は、KOLが微博(Weibo)に投稿した記事にあわせてキャンペーン内容を表示し、多くのユーザーへリーチすることができます。

KOLは特定のファン層を抱えているため、ターゲットに合った効果的な広告が可能です。

2. ターゲットを絞って情報を配信できる「微博Feed広告」

微博Feed広告は、いわゆるFacebook広告に近い機能を使える広告手段です。

広告配信の対象とする微博ユーザーを、

  • フォロー関係:限定しない or フォロワーのみ
  • 年齢属性:限定しない or 8歳~80歳で自由に設定可能
  • 性別:限定しない or 男性のみ or 女性のみ
  • 地域:限定しない or 絞り込む

と、細かく設定できます。

大規模な広告配信を、ターゲットを絞って実施できるだけでなく、SNS上でユーザー間のシェアなども期待することが可能な広告手段です。

3. 短期間でさまざまなPRが可能な「微博イベントツール」

微博(Weibo)上で、イベントをともなったPRができるのが「微博イベントツール」です。

イベントとは、

  • クーポン配布
  • サンプル応募
  • プレゼントキャンペーン

などを指します。

このようなイベントを実施することで、

  • フォロワー数を増やす
  • ブランドイメージを定着させる
  • 短い期間で商品やサービスをアピールする

などが可能です。

次は、中国市場で重要な「春節」「国慶節」「労働節」についてお伝えしますね。

中国市場で重要な季節イベント「春節」「国慶節」「労働節」

中国市場においては、季節に応じた風習やイベントを押さえておくことが重要です。

インバウンドにおいて大きな影響があるのが、

  • 春節
  • 国慶節
  • 労働節

の3つ。1つずつ説明しますね。

春節

春節とは旧正月のことで、中華圏の祝日の中ではもっとも重要視されています。春節は旧暦に従い、毎年1月下旬~2月中旬くらいの間に定められ、その期間は約1週間です。

春節には故郷へ帰り、家族と過ごすのが一般的ですが、近年は春節を利用して旅行をする中国人も増えています。特に都市部の富裕層、20〜30代の若者を中心に、海外まで足を伸ばす人も少なくありません。

春節の旅行先としては、

  • タイ
  • シンガポール
  • ベトナム

などが人気です。

国慶節

国慶節とは、日本の建国記念日にあたる中国の祝日です。大型の連休となるため、この時期は海外旅行へ出かける中国人も少なくありません。

2018年には、中国の旅行会社「Ctrip」が発表する国慶節の旅行先ランキングで、日本が第1位に選ばれました。

日本以外にも、

  • ロシア
  • タイ
  • ベトナム

などが旅行先として人気です。

労働節

労働節は、毎年5月1日を含んでいる中国の祝日です。いわゆる「メーデー(国際的な労働者の祭典)」ですが、中国では

  • 国のために貢献した人を表彰
  • 社会や文化のために頑張っていることへのお祝い
  • スポーツイベント

などを実施するのが特徴です。

この期間は、中国国内の交通料金や娯楽施設などが安くなるため、国内旅行を中心としたレジャーが活性化します。

中国人へプロモーションをするのであれば、これら3つのイベントは最低でも押さえておきたいところです。

中国人にマッチしたプロモーションで売上げアップを

ここまで、中国人へのプロモーションについてお伝えしました。

インバウンド市場においては、かつて日本での買い物を重視した「モノ」消費から、今や日本でしかできない体験を重視する「コト」消費へとニーズが変化しています。

その変化を受けて観光庁は2017年、観光資源を活用した体験型コンテンツを広める手段として、

  • 地域固有の自然の活用
  • 日本の生活・文化体験
  • お祭りの外国人への開放

などをピックアップ。新たな体験型コンテンツや、それを支える取り組みとして

  • ナイトタイムエコノミーの検討
  • ビーチの活用
  • チケット購入の容易化
  • VR・ARの活用

などを施策として盛り込みました。

「コト」消費へのニーズ変化を押さえておくことは、プロモーションを考えるうえでとても重要です。

そして、中国におけるプロモーションには「微博(Weibo)」の活用がおすすめであることをお伝えしました。

微博(Weibo)を使った広告手段には、

  1. 影響力の高いKOL(Key Opinion Leader)を使ってリーチを増やせる「微博ADネットワーク」
  2. ターゲットを絞って情報を配信できる「微博Feed広告」
  3. 短期間でさまざまなPRが可能な「微博イベントツール」

の3つがあります。アピールしたい商品やサービスに合った広告手段を選びましょう。

プロモーションのタイミングにおいては、中国の季節イベント「春節」「国慶節」「労働節」を押さえてください。それぞれ期間は、

  • 春節:1月下旬~2月中旬で約1週間
  • 国慶節:10月1日~7日
  • 労働節:5月1日を含む3日間

です。

インバウンドのトレンドを押さえ、中国人にマッチしたプロモーションを実施することで売上アップにつなげることができます。

中国人へのプロモーションに欠かせないKOL(Key Opinion Leader)について詳しく知りたい方は、「【ジャンル別】中国人のKOL10人を紹介。プロモーションを成功に導くポイントも解説します」をご一読ください。

関連記事

  1. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  2. 「長谷寺」がインバウンドに人気の観光地ランキング16位にランクインした理由とは

  3. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  4. 大阪市のお好み焼き屋・ちとせから学ぶ、インバウンド客が来店したくなる5つの対応

  5. クロアチアの民泊SOBEとは?SOBEの予約方法や注意点、人気の物件まで解説

  6. 美ンバウンドとは?インバウンドで注目を集める「日本の美容」 その強みと課題を解説

  7. ナイトライフとは?インバウンド市場発展のカギを握る「夜の観光」について解説

  8. 「忍びの里伊賀」創生プロジェクトとは?地方インバウンド誘致のカギは、産学官民との連携

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP