コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

学歴無し、職歴無しでもコピーライターになりたい方へ

share


栗栖周輔(クリエイティブユニット コル コピーライター/2007年春・基礎コース、2007年秋・上級コース修了)

という訳で、僕のコラムも今回で最終回です。前3回を読んでいただいた方は、うすうすお気付きかもしれませんが、僕がコピーライターになれたのは、ほぼほぼ運が良かったからです。でも、「こういうアクションを起こしたからいい結果につながった」って所もあると思うんですよね。ということで、今回は、自分の経歴を客観的に振り返り、そこら辺のポイントを書き出してみようと思います。最後くらいマジメに!

「宣伝会議コピーライター養成講座」

間違いなく僕がコピーライターになれたのも、この講座のおかげです。ここでは本当にいいメンバーに出会えました。同じ夢を持つ仲間がいて、お互いを強烈にライバル視して、僕のコピーに対する認識やスキルは向上したんだと思います。ただし、この養成講座に通えば誰でもコピーライターになれるって訳ではありません。僕は地元の友達や親に大見栄切って出てきた手前、絶対にコピーライターにならねば故郷の地は踏めん、という気持ちでした。

また、課題に全力で臨むことはもちろん、ある程度慣れてきた頃からは自分で自分に制約を課していました。たとえば、前回はユーモア系のコピーで評価されたから、今回はユーモア禁止! みたいな感じです。しっかり勉強して、しっかり人との繋がりを作ることが大切だと思います。

「思いきり」

東京に飛び出してみたり、知らない人に厚かましくメールしてみたり、と今思えば若気の至り的なところもありますが、やっぱり思いきりは大切。ガンガン攻めなきゃ、誰も振り向いてくれませんから…。特に僕のような「学歴なし職歴なし」の一般ピーポーは…。まったくオススメはしませんが、気持ち的には「何にも決まってないけど、今の会社辞めてコピーライターになってやる!」くらいの気合いと根性はあってもいいかもしれません。あくまでも例えばの話ですよ! 人生に関わることなので、慎重に!

「最後は気持ちの問題!」

僕みたいなコピー界の末端構成員が言うのもおこがましいですが、夢って諦めなければ叶う確率は大幅にアップすると思います。必ず報われるとは言えませんが。養成講座時代、僕よりも確実に状況が良くない友人も多々いました(学歴なし職歴なしで、年齢的にも30オーバーとか…)。でも、本気でコピーライターになりたいと思っていた人は、どんなカタチであれ全員夢を叶えましたよ! これマジで。「夢は諦めなければ叶う!」うーん。使い古された言葉かつ少年マンガのテーマみたいになってしまいましたが、でも、これが言いたかったんです! 強引ですが!

とかなんとかエラそうなことも言ってしまいましたが、僕も雑草系コピーライターとして、まだまだ頑張ります。どこまで行くか、冷やかしがてら見守ってください。

それでは、1カ月間ありがとうございました。

あ、最後の最後に広告させてください!

クリエイティブユニット「コル」は、コピーライター・デザイナー・カメラマンなどの様々な職種のフリーランスが集まった集団です。といっても作ったばっかりでまだまだ人数少ないですが。コルに興味を持っていただけた方がいらっしゃいましたら、下記までご連絡いただければ幸いです。

kurisushusuke@gmail.com

コピーライターになりたいのに広告業界にコネがない…って人もお気軽に!僕も大したコネは無いので、一緒に方法を考えましょう。

栗栖周輔さんのコラムは今回で終了です。

栗栖周輔(くりすしゅうすけ)
クリエイティブユニット コル コピーライター。1983年生まれ。宣伝会議コピーライター養成講座 2007年春・基礎コース、2007年秋・上級コース修了。宣伝会議賞、読売広告賞など入賞。

バックナンバー

コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常

もっと読む

『6/30開講 コピーライター養成講座上級コース』
「コピーの力」で物事を解決する力や「商品の状況」や「ターゲットのインサイト」を読み取る力を身につけ、コピーに落とし込むスキルを身につけます。コピーを書く力を持つ人が、商品やターゲットの状況、インサイトなどを「聞きだす力」を身につけ、「理解」し、ことばというカタチにすることができたなら…。そうした企業に求められる「コピーライティング」の力を身につけるのが上級コースです。

詳細はこちら

Follow Us