オバマ大統領も書き込むニュースブログサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版、来春開設

share

米ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞社は14日、ニュースやブログ、ソーシャルメディアを組み合わせたニュースサイト「The Huffington Post(ザ・ハフィントン・ポスト)」の日本版を立ち上げると発表した。日本版を運営する合弁会社を日本国内に設立し、来春のサービス開始を目指す。

ザ・ハフィントン・ポストは2005年に米国で創設。米国では月間4600万人近い利用者が(2012年10月、コムスコア調べ)、毎月800万件以上のコメントを寄せている。米国のほか、英国、カナダ、フランス、スペイン、イタリアで各国版を提供しており、日本版は6カ国目でアジア初となる。

寄稿するブロガーは世界4万人以上。著名人も多く、オバマ大統領や俳優のジョージ・クルーニーら、各界の専門家、政治家、セレブリティ、学生らが幅広いテーマで書き込んでいる。ブロガーの一人は、今年のピュリッツァー賞を受賞している。



Follow Us