Sumallyの山本憲資さんに聞きに行く 「リスクテイクする覚悟がある人の仕事術(前編)

share

近未来の予測もできないほど、変化の激しい今の時代。前例、慣習に倣うのではなく、自ら社会の中に新しい役割、働き方を見つけていく必要があります。
工学部機械工学科卒業という経歴を持ち、現在は電通で「コミュニケーション・プランナー」として、これまでにない新しい企業コミュニケーションの形を模索する廣田周作さんもその一人。2013年7月には著書『SHARED VISION―相手を大切にすることからはじめるコミュニケーション』を刊行するなど、企業と消費者がフラットにつながる今の時代のコミュニケーションのあり方を自身の実践をもとに発信しています。
この連載では毎回、廣田さんが広告業界に限らず、そんな新しい働き方を見つけ、実践する方に話を聞きに行きます。

「SHARED VISION」関連記事はこちら

対談企画「仕事の創り方を変えよう!」

Sumally Founder & CEO
山本憲資氏
×
電通 プラットフォーム・ビジネス局 開発部 コミュニケーション・プランナー
廣田周作氏(『SHARED VISION―相手を大切にすることからはじめるコミュニケーション』著者)

人間がつくったものを整理して残す

廣田:対談の2回目となる今回はSNSの「Sumally(サマリー)」を立ち上げ、最先端でサービスデザインや事業デザインを実践されている山本憲資さんにお話を伺います。最近、「グロースハッカー」という言葉に注目していて、この概念をコミュニケーションの領域で活かせないかと考えています。具体的には広告で注目を集めるのではなく、その前段階からかかわり、サービスやプロダクト自体に「拡散性」を持たせ、そこから広げていくとか。

さらにそれを運用し、PDCAを回してサービスを改善していくとか。コミュニケーションのアプローチが変わってきているなかで、山本さんが「Sumally」でしている試みにも注目しています。その新しい働き方の視点とか、仕事の創り方という視点で「Sumally」を紹介していただきながら、今の課題というか、魅力と課題みたいなものをお伺いできればなと思います。まずは、電通OBでもある山本さんが「Sumally」を立ち上げたきっかけからお話しいただけますか。

山本:元々、僕はモノが好きで。でも例えば、ナイキがこれまでに出したスニーカーの全モデルが見られる場所ってパブリックにはない。そういうのって、もったいないんじゃないかなと、思ったのがきっかけです。

廣田:山本さん自身が「モノがすごい好きだった」ということがきっかけなんですね。僕が「Sumally」をいいなと思ったのは一般性というか、広がりもある一方で、山本さんの個性というか、個人のストーリーが強烈なサービスだと思っていて、山本さんのためにつくられつつ、一般の人に開いていくところがすごく面白いなと。

山本:ありがとうございます。そういう部分も大事にしながらも、「僕のために」という風に見えているうちはまだまだだと思います。もちろん、モノが好きという僕自身の嗜好性も反映されてはいますが、人間が作ったモノが見られる場所、人間が作ったモノを整理して残していくのも人間がやるべきことだという理念や信念がサービスとしてのベースですね。

廣田:整理整頓が重要であるということですね。

山本:そうです。最初は、モノの百科事典みたいなものをつくれないかと考えました。では2010年代の百科事典とはどのようなものであるべきかを考えた時に、写真があり、それが何かわかるということに加えて、「誰がそれを欲しい」と言っていて、「誰がそれを持って」いて、「誰がそれを売っている」のかという情報も、モノをアイデンティファイする上で非常に重要な情報じゃないかなと。そういう情報を内包した形で百科事典を作れないか、と考えて構想したのが「Sumally」です。

たとえばFacebookが面白いのは、名前で検索して廣田さんの経歴が見られることではなくて、その上で起こるコミュニケーションです。では「Sumally」では、どういうコミュニケーションができるのかを考えたときに、出てきたのが今の形です。自分の趣味に合う人をフォローして、その人たちの「want」「have」したものが流れてくる、自分が「want」したら、自分のフォロワーにも流れていく、というようなコミュニケーションの形があるんじゃないか、と思いました。

そういう考えが前提としてあり、さらに「Sumally」を通してやりたいことがあって、それがコマースの構造改革です。今のコマースは基本的に、「list to sell」で、売り手が売りたいものが並んでいるという構造になっています。それって、当たり前ですけど、売り手の事情なんですよね。

廣田:買い手が欲しいモノが並んでいない。

【「電通 廣田さんの対談」連載バックナンバー】
■takram design engineeringの田川欣哉さんに聞きに行く
「自分で全部やってみたい人の仕事術」(前編)
「自分で全部やってみたい人の仕事術」(後編)
■Sumallyの山本憲資さんに聞きに行く
「リスクテイクする覚悟がある人の仕事術(前編)
「リスクテイクする覚悟がある人の仕事術(後編)
■内沼晋太郎さんに聞きに行く
・「マージナルな場に飛び出す人の仕事術」(前編)
・「マージナルな場に飛び出す人の仕事術」(後編)※3月更新予定

就職活動中の学生さんを応援します!
相手を大切にすることからはじめるコミュニケーション「SHARED VISION [シェアードヴィジョン]」kindle版
特別価格900円で販売!(期間限定、2014年2月末まで)

ご購入はこちら 印刷版はこちら

Follow Us