電通、フランスにおけるモバイル広告事業強化へ

share

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は4日、フランス・パリに拠点を置くモバイルエージェンシー「Lesmobilizers SAS(レ・モビリザーズ社)」の株式100%を同社株主から取得することで合意したと発表した。

モバイル領域の広告コミュニケーション・サービス全般を手がけるレ・モビリザーズ社は、特にモバイル向けアプリ開発や、動画のストリーミング、モバイル向けECなどに強みを持つ。完全子会社化が完了した後は、電通グループのデジタルエージェンシー「Isobar France(アイソバー・フランス)」のモバイル部門として事業を展開する。代表は、これまでレ・モビリザーズ社のCEOを務めてきたLoïc Le Moaligou氏が続投する。

電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシー「Carat」によると、2012年のフランスの広告費は対前年比で3.3%減(2013年9月発表)。一方でデジタル関連の広告費は6.6%増、なかでもモバイル広告費は16.2%増と伸び、2013年、2014年も25%程度の成長が見込まれている。

 「電通イージス・ネットワーク」に関連する記事はこちら

Follow Us