宣伝会議賞×「アメーバ大喜利」のコラボ企画「コピーのチカラで世の中をもっと面白く」実施中!

share

第52回宣伝会議賞は10日、サイバーエージェントが運営するコミュニティサービス「アメーバ大喜利」との共同キャンペーン「ボケで日本を明るく大賞~コピーのチカラで世の中をもっと面白く~」を開始した。

アメーバ大喜利」は、提示されたお題に対してユーザーが“ボケる”投稿をして楽しむというユーザー参加型サービス。

投稿するだけでなく、他のユーザーの投稿の中で気に入ったものがあれば、「座布団」というボタンで投票することもできる。

2012年12月末にサービス開始し、現在の月間利用者数は約350万人以上、投稿数は累計5000万件を突破した。

今回の共同キャンペーンでは、「コピーのチカラで世の中をもっと面白く」というメッセージのもと、「満員電車」や「期末試験」、「交通渋滞」といった、一般的にはネガティブな印象を受けやすいシチュエーションを切り取った計30点の画像に対し、一言で笑いや、ポジティブなイメージに変える投稿を募集する。

(c)chuyu/123RF.COM

お題:交通渋滞(c)chuyu/123RF.COM

(c)sabphoto/123RF.COM

お題:期末試験(c)sabphoto/123RF.COM

投稿期間は10月23日まで。ユーザーからの支持(「座布団」)を多く獲得した投稿の中から、宣伝会議賞が選ぶ「ベストコピー賞」5名、サイバーエージェントが選ぶ「アメーバ大喜利大賞」5名の計10名には、豪華特典を贈呈する。

優秀作品の発表は今月末29日を予定している。

特典について

■「アメーバ大喜利大賞」(5名):アマゾンギフト券
■「ベストコピー賞」(5名):月刊『宣伝会議』・月刊『ブレーン』いずれかのデジタル版購読権1年分

協賛企業が出題する課題41点に対し、キャッチフレーズやCM企画のアイデアを応募する公募広告賞「第52回宣伝会議賞」への応募はこちらから(応募締切11月4日)。

Follow Us