あの「赤い電車」も登場──名古屋鉄道、小田和正楽曲でアニメムービー公開

share

名古屋鉄道は21日から、アニメーションムービー「大切な人が待つ場所へ。大切な想いを乗せて。」を公開した。2014年に発表した小田和正による同社のオリジナル楽曲「この街」を題材とし、赤い電車や特急車両など実際の名鉄電車や駅が登場する。電車音や駅の環境音なども、実際の音が使用されている。企画制作は電通名鉄コミュニケーションズ、シースリーフィルム、ロボット、パインズ。

同社は2011年から、「ココロをつなぐ、あしたへはこぶ。」をスローガンに利用者や社員向けのコミュニケーション施策を行ってきた。今回の企画はその一環で、婚約者を紹介しようと帰省した娘が電車に乗り、長年すれ違っていた父との思い出を振り返るというストーリー。小田さんも本人役でアニメに出演している。

父と娘の絆を描くことで「地元の鉄道会社として、この街の人のささやかでかけがえのない毎日に寄り添い、 あたり前にある毎日を、あたり前にいつまでも支えつづけたい」という同社の想いを表現した。

このムービーをもとに同日から、テレビCMや交通広告も展開している。

スタッフリスト

広告会社
電通名鉄コミュニケーションズ
制作会社
シースリーフィルム+ロボット+パインズ
CD
長谷川辰郎
企画+C
石本 香緒理
AD
池山徳和
アカウントディレクター
伊藤英明、安藤隆行
企画
吉田裕介、佐藤隆一
PM
内海大輔
アニメーション監督
松浦直紀
キャラクターデザイン
VERRY
作画監督・原画
鈴木信一
美術監督
筒井典子
撮影監督
髙橋直人
編集
宮川篤
NA
横井友子(ミキ役)、増井太郎(お父さん役)、綿谷拓郎(タクヤ役)
音楽
小田和正「この街」

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us