コラム

アンバサダー視点のススメ

デルがファンとの交流プログラムで感じた、マスマーケティングとの違い

share

今回のポイント

  • ・デルのファンに会ってみたい
  • ・マスマーケティングと購入の間にあるもの
  • ・ブランドが支持されるのは製品の魅力だけではない
  • ・人に「クチコミ」させる「これが好き!」という力
  • ・コミュニケーションには「共通言語」が必要
  • ・「1リーチの重み」を実感した瞬間

今回のまとめ

アンバサダープログラムを立ち上げるまで、デルのファンに直接会ったことがなかったいう話に驚きましたが、それは多くの企業で一般的なことかも知れません。これは既存顧客への対応がいかに手薄になっているのか、という証かも知れません。
インタビュー最後の「1リーチの重み」の話は刺激的な指摘です。広くあまねく伝えていくことも大事ですが、それが「薄く」なっているとしたら、確かにもう一方では「どれだけ深く伝わるか」を重視した「重みのあるリーチ」を加えた方が、バランスがとれると思いました。

インタビュー:藤崎実
写真撮影:四家正紀

これからの企業発展には顧客との関係を深めることが必要です。『顧客視点の企業戦略 -アンバサダープログラム的思考-』は、企業とファンが一緒になって課題を解決したり、マーケティング活動を行ったりする方法論や事例について解説した書籍です。今までのマス・マーケティングに加えて無理なく実行できる点にも特徴があります。この機会に是非ともお買い求めください。

はじめに:「新たなる現実」を受け入れて、次へ向かう指標としての顧客視点/第1章:顧客視点がないと「マーケティング」ではない/第2章:マーケティングを顧客視点で組み替える/第3章:企業の目的は「顧客を創造する顧客」の創造である/第4章:顧客と一緒にマーケティングする/実践レポート:アンバサダーの体験設計(上田怜史)/第5章:アンバサダーが企業にもたらす変化/第6章:顧客視点経営がビジネスを変える

Follow Us