「獺祭」の新しい化粧箱デザインを募集!桜井会長のオリエンテーションは6/28開催!

share

従来の日本酒の概念、慣習にとらわれない取り組みで、山口の山奥の小さな酒蔵から日本酒の世界にイノベーションを起こしている「獺祭」。今年4月にはフレンチの巨匠 ジョエル・ロブション氏とタッグを組んだ「ダッサイ・ジョエル・ロブション」がパリにオープンするなど挑戦の連続で成長してきました。現在、日本国内はもちろん世界20カ国以上で愛されるブランドになっています。

杜氏を置かない製造体制などはもとより、これまでの常識を打ち破るイノベーションは、ネーミング、パッケージ、販売方法とマーケティング、クリエイティブ戦略にも及びます。世界に向けて新しいお酒の楽しみ方を提唱してきた「獺祭」。その「獺祭」が2018年次なるイノベーションを目指し、志を持った若手クリエイターとのコラボレーション企画を始動します。

そのプロジェクトとは 「DASSAI DESIGN AWARD 2018」。 若いデザイナーの皆さんの多様な価値観、新しい感性を持って「獺祭」の世界観をデザインアイデアで表現いただくアワード企画です。

グランプリ受賞作品は、実際に「獺祭」の化粧箱として起用され、国内外で販売を予定。「獺祭」の挑戦に共鳴いただくデザイナーの皆さんと共に、クリエイティビティで世界に新しいイノベーションを起こしたい。皆様の既成概念にとらわれない新鮮な発想、優れた感性の作品応募をお待ちしています。

そして、このたびは、桜井会長による「オリエンテーション」を実施いたします。直接、桜井会長から課題意図やポイントをきくことができ、参加することで作品制作の大きなアドバンテージとなります。是非、ご参加ください。

プログラム

16:00 開場

16:30-17:30
DASSAI DESIGN AWARDオリエンテーション

[登壇者]
旭酒造株式会社 会長 桜井 博志 氏
1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。 1973年に松山商科大学(現松山大学)を卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て1976年に旭酒造に入社したが、先代である父と対立して退社。父の急逝を受けて1984年に家業に戻り、純米大吟醸「獺祭」の開発を軸に経営再建を果たす。杜氏を設けずデータ化した製造法でおいしさを追求し、世界的な評価を受けている。2016年から現職。2018年4月、パリにジョエル・ロブション氏との共同店舗を開店、ニューヨークでも醸造所を建設中。

開催概要

日時
2018年6月28日(木) 16:30~17:30(開場:16:00)

会場
東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル8F (表参道駅より徒歩3分)

参加費
無料

定員
60名程度

主催
旭酒造株式会社

協力・協賛
株式会社宣伝会議

お問い合わせ先
DASSAI DESIGN AWARD事務局(宣伝会議内)
TEL:03-3475-7667
Mail:dassai@sendenkaigi.co.jp
受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日は除く)

※事前登録制

Follow Us