「宣伝会議プロモーションフォーラム2018」 注目企業を紹介!講演事前レポート(エムスリー株式会社、株式会社Faber Company、富士通株式会社)③

share

宣伝会議は8月28日、29日の2日間、東京国際フォーラム(東京・千代田区)にて、「宣伝会議プロモーションフォーラム2018」を開催する。

テーマは「テクノロジーとクリエイティビティで販促を再定義する」。ひとりひとりのライフスタイルや嗜好が多様化した今、性別や年代、収入などの従来のセグメンテーションでは顧客が捉えにくくなっています。

さらにスマートフォン使用時間の増加などに見られるように、何もしない時間が少なくなってきたため、「財布の取り合い」とは異なる、「時間の取り合い」に制することもブランドには求められ始めています。その中で生活者に動いてもらう、または購買してもらうためには、その動線に沿うようなテクノロジーの駆使、嗜好を捉えるクリエイティビティが求められます。そこで、宣伝会議では、テクノロジー活用とクリエイティビティを武器にした、デジタル時代で生き抜く販促のあり方を考える「プロモーションフォーラム2018~テクノロジーとクリエイティビティで販促を再定義する~」を開催します。

本レポートでは広告マーケティングを支援する注目企業の講演内容を紹介する。

医師の集合知で商品の価値を正しく生活者へ伝える“AskDoctors”

エムスリー株式会社
コンシューママーケティンググループ マーケティングプロデューサー
津田 宗利 氏

消費者の健康意識の高まりを受け、市場には健康訴求の商品が急増しています。情報過多の現代において、自社のメッセージをどのように消費者に効果的に伝えるかという点は、マーケティング担当者の共通の悩みといえます。そんな中で、消費者の商品選びのひとつの市場となり得る「多数の医師が評価を行うプロモーション手法」に注目が集まっています。本セミナーでは、複数の大手企業も活用している「AskDoctors医師の確認済み商品」のスキームや最新事例について紹介します。

HP:https://www.askdoctors.jp/labs/

 

SEOの先にあるもの。ユーザーにより良い検索体験を提供するためには。

株式会社Faber Company
エグゼクティブ・マーケティング・ディレクター
月岡 克博 氏

今日、検索エンジンは大きな進化を遂げ、旧来のテクニカルなSEO手法では成果を出すことが難しくなりました。音声検索なども普及し始め、検索総量は増加しています。ブランド認知前の情報収集ユーザーにどのようにリーチするのか。重要なのは「より良い検索体験を提供すること」です。そのために重要な3つのポイントを事例を通じて解説いたします。

HP:https://mieru-ca.com/

 

AIと基幹データ連携広告配信でROIの限界を超える

富士通株式会社
マネージャー
一木規正 氏

富士通の「AD Drive」は従来の運用型マーケティングサービスとは違います。AIを活用したインテグレーションで、導入いただく企業の部門の垣根を超えたデータから最大限の効果を引き出します。DSPを配信サービスから小さく導入頂き、いずれは効果を最頂点へ。その成長する仕掛けで効果を経営者に示せるのは富士通です。テクノロジーと顧客業務の知見を有する当社だけの成長型DSPで、効果を年々上げていきましょう。

HP:http://www.fujitsu.com/jp/


セミナー・展示会のお申し込みはこちらから

Follow Us