<これからの広告業界×リモートワーク>人事・労務Q&A

share

新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務・リモートワークが急速に普及しました。クリエイティブ職種・マーケティング職種の社員を抱える企業や、裁量労働制を導入している企業にとって、もとより難しかった労働時間の管理や人事評価がますます困難になっています。

そこで、今回のセミナーでは、厚生労働省で厚生労働事務官、労働基準監督官として13年半の勤務経験があり、現在は社会保険労務士、労働衛生コンサルタントとして会社の顧問業務などを行う小菅将樹氏を講師に迎え、広告会社、制作会社ならではの人事・労務に関する課題や悩みにお答えします。

Q. 職種別(デザイナー、プロデューサー、…)の労務管理はどうしたらいい?
Q. 裁量労働制の社員が在宅勤務をするときの勤怠管理はどうしたらいい?
Q. 社員の働き方を見直したい。そもそもどんな制度がある?
Q. 在宅勤務を導入後、トラブル防止のために注意するべき点は?
Q. リモートワークしている社員のモチベーションや生産性を上げるために会社ができることは?

終了後、アンケートにお答えいただいた方には、マスメディアンが独自に集計した下記レポートをプレゼントいたします。

■【最新版】年収調査レポート 広告界2020

ご参加お申し込みの際には、ぜひお申し込みフォームより「講師への質問」をお寄せください。セミナー内容の参考にさせていただきます。

講師

小菅 将樹(こすげ・まさき)氏
アヴァンテ社会保険労務士事務所、アヴァンテ労働衛生コンサルタント事務所 代表
社会保険労務士、COH労働衛生コンサルタント、CSCS、PES

2000年労働省入省。国会対応や法改正事務などを経験する。2004年労働基準監督官任官。福島労働局郡山署、須賀川署、厚生労働本省、神奈川局相模原署、川崎南署、神奈川労働局労働保険徴収課で勤務後退職。現在は会社の顧問業務、法定教育、各種セミナー、安全パトロール等を行っている。競技フットサルを続ける傍ら、運動指導に関わるトレーナー資格を取得。アスリートや企業で働く方などを対象に、機能改善、パフォーマンス向上へ導く運動指導を行う。Yahoo!ニュース公式コメンテーターとしても活動中。マスメディアンで人気コラムを連載。

 

開催概要

日時
2021年2月5日(金)14:00~15:00

会場
オンライン
※お申し込みいただいた方に視聴用URLをご案内いたします。

参加費
無料ご招待

対象
広告業界・Web業界の経営者、人事・労務ご担当者様
※本セミナーは法人向けです。個人の方・同業者のお申し込みはお断りをさせていただく場合がございます。

定員
100名(先着順/定員になり次第、締め切らせていただきます。)

主催
株式会社マスメディアン

お問い合わせ先
株式会社マスメディアン セミナー事務局
03-5414-3010
seminar@massmedian.co.jp

セミナーに関するご質問など、お気軽にお問合せください。

Follow Us