「DAZN」で実現する、エンゲージメントの高いファンへのアプローチ~ローソンと亀田製菓が仕掛けた、スポーツファンへのブランドプロモーション~

share

生活者の思考もメディアの種類も益々多様化する一方な今。
高いエンゲージメントを生むコミュニティを探されているマーケター必見のセミナーです。

大きなスポーツイベントが目白押しの2022年——。「DAZN」はプレミアムなスポーツコンテンツを通して、エンゲージメントの高いオーディエンスへのブランドプロモーション機会を提供しています。

ローソンでは、名物商品「からあげクン」の発売35周年プロモーションとして、DAZNのプラットフォームを活用した施策を展開。人気サッカー番組とコラボしたインフォマーシャル動画の企画を実施しました。

亀田製菓では、「柿の種」の新しい消費シーンとして、「スポーツ観戦のお供」という立ち位置を訴求。DAZNとのコラボにより、オリジナルCMやTwitter施策を実施し成果を上げました。

本ウェビナーでは、スポーツOTTサービス「DAZN」のプラットフォームにおける、広告配信を中心とした企業様のプロモーション事例について「DAZN」と企業様の担当者がそれぞれの視点から解説します。

 

プログラム

第1部

タイトル
DAZNが展開する広告ソリューション

内容
DAZNの広告商材、実施可能プロモーションのご紹介

登壇者

DAZN Japan Investment 合同会社
Head of Strategy & Client Service
大島 久之介 氏

 

第2部

タイトル
ローソンとDAZNによるアセットを活用したからあげクン35周年プロモーション

内容
ローソンの名物商品「からあげクン」が2021年に発売35周年を迎えた。そのプロモーションとして、DAZNのプラットフォームを活用した施策を展開。ローソンのアンバサダーである日向坂46の影山優佳さんを起用して、影山さん本人が準レギュラーを務めるDAZNの人気サッカー番組「内田篤人のFootball Time」とコラボしたインフォマーシャル動画の企画を実施した。

登壇者

株式会社ローソン
マーケティング戦略本部 部長
白井 明子 氏

 

第3部

タイトル
亀田製菓が新たに掲げた「スポーツ&亀田」文脈のコミュニケーション

内容
亀田製菓は「柿の種」の新しい消費シーンとして、「スポーツ観戦のお供」という立ち位置を訴求。DAZNとのコラボにより、スポーツファンの視聴シーンに寄り添ったオリジナルCMを配信したほか、DAZNおよびDAZNのパートナーメディアを活用したTwitter施策を実施。2021年3月のプロ野球開幕、5月のJリーグ・「DAZNライバルウィーク」期間中には、いずれもハッシュタグがトレンド入りする成果を上げた。

登壇者

亀田製菓株式会社
マーケティング戦略部 コミュニケーションデザインチーム
一丸 和也 氏

 

開催概要

日時
1月31日(月)14時~

会場
オンライン開催

参加費
無料

主催
宣伝会議

協力・協賛
DAZN Japan Investment合同会社

 

Follow Us