ツイッターをマスク氏が買収 約5.6兆円で

share

米ツイッターは現地時間の4月25日、米テスラ最高経営責任者で起業家のイーロン・マスク氏が100%所有する企業が同社を買収することで合意したと発表した。買収額は約440億ドル(約5兆6000億円)で、1株あたり54.20ドル。当局による承認などを経て、年内に完了予定。ツイッター社は株式非公開企業となる。

マスク氏は、「言論の自由は機能する民主主義の基盤であり、『Twitter』は人類の未来に不可欠な事柄が議論されるデジタルな街の広場だ」とコメント。

「新機能による製品の強化、信頼性を高めるためのアルゴリズムのオープンソース化、スパムボットの撃退、そしてすべての人間の認証によって、『Twitter』をこれまで以上に良くしていきたい。『Twitter』は非常に大きな可能性を秘めている。会社やユーザーのコミュニティと協力して、その可能性を解き放つことが楽しみだ」(マスク氏)


 

Follow Us