ウェビナー動画

share

景井美帆氏(シャープ 通信事業本部 市場開拓部 部長)がリーダーを務める研究会のテーマは「オンライン化で変わる顧客との関係」。高田賢二氏(ユナイテッドアローズ 執行役員 情報システム・OMO推進・自社EC開発担当)、柘野英樹氏(ブックオフグループホールディングス マーケティング執行役員)、鶴田一彦氏(セントラルスポーツ 取締役 新規事業開発部長 兼 店舗開発部長)、林直孝氏(パルコ 執行役 デジタル推進部・CRM 推進部担当)と半年にわたり重ねてきたディスカッションの成果をパネルディスカッションにて公開いたします。

この分科研究会のテーマが決まったのは、コロナ禍が起きる前。実店舗を持つ企業が多いメンバーが、コロナ禍における喫緊のデジタルによる対応が求められるなか、現在進行形の取り組みが共有される分科研究会となりました。

各社が、デジタルテクノロジーを活用し、コロナ禍においてもいかに顧客との接点を維持し、どのように価値を届ける取り組みを行ったのか、各社の事例が紹介される他、この半年の各社の取り組みから見えてきた、コロナ禍におけるデジタル活用の方向性や流れについて、ご覧いただけます。

動画について

動画名 オンライン化で変わる顧客との関係
企業名 CMO CLUB GLOBAL
動画ターゲット 事業会社でマーケティング実務を担う方
お問合せ先 MAIL:event@sdkg-info.com
注意事項 アドブロックが有効になっていると閲覧いただけません。アドブロックの解除を行ってからご視聴ください。
お申し込みいただいたブラウザからのみ視聴が有効となります。
違うブラウザから動画を視聴する場合は、再度視聴するブラウザからお申し込みをお願いします。

Follow Us