ウェビナー動画

share

青谷宣孝氏(オークローンマーケティング 代表取締役副社長)がリーダーを務める研究会のテーマは「マーケターは経営者になり得るか?」。

約半年にわたり重ねてきたディスカッションの成果をパネルディスカッションにて公開いたします。セッションに参加をするのは、河合辰信氏(有楽製菓 代表取締役社長)、佐々木丈也氏(三井住友カード 執行役員 マーケティング統括部長)、立川麻理氏(FWD富士生命 執行役員 兼 CMO)の3名。

青谷氏は、NTTドコモのプロモーション部長を経てオークローンマーケティングの代表取締役副社長に就任。また有楽製菓の河合氏もマーケティング本部長を経て、代表取締役社長に就任しており、ともにマーケターとしての経験を積んだのち、経営の職に就いている。立川氏、佐々木氏もマーケティング部門を統括しながら執行役員として経営にも参画をしているメンバーです。

議論では「マーケターは経営者になり得る」との結論が導き出されたが、では具体的にマーケティングにおけるどのような機能、役割が経営に役立つのか。パネルディスカッションで各自の考えをご覧いただけます。

動画について

動画名 マーケターは経営者になり得るか?
企業名 CMO CLUB GLOBAL
動画ターゲット 事業会社でマーケティング実務を担う方
お問合せ先 MAIL:event@sdkg-info.com
注意事項 アドブロックが有効になっていると閲覧いただけません。アドブロックの解除を行ってからご視聴ください。
お申し込みいただいたブラウザからのみ視聴が有効となります。
違うブラウザから動画を視聴する場合は、再度視聴するブラウザからお申し込みをお願いします。

Follow Us