顧客志向DXの最終形 —— アフターデジタル最新理論

アフターデジタル著者による「DXを通して企業・事業が目指すべき、顧客体験の最終形」

顧客体験戦略不在のDXでは、社員の意識は往々にして企業内部に集中し、顧客は置いてけぼりになりがちです。当然、業績にはつながらず、DXに関わる活動自体が疑問視される事態を招きかねません。

そうならないためには、どうすればよいのか。

本レポートで紹介するのは、顧客体験戦略を立案するためのフレームワークである「ダブルループ3.0」です。書籍『アフターデジタル』シリーズに登場する「バリュージャーニー」という体験型ビジネスモデルをさらに具体化し、実用可能なモデルに落としこんだものです。

このレポートを通して、経営層、事業部、顧客といったステークホルダーを前に悩みを抱える、DX推進に関連する皆さまに、新しい視点を提供できることを願っています。また、個別サービスのLTV向上を、立案した顧客体験戦略に沿った形で実現するためのフレームワークも紹介していますので、具体的な事業・サービスに携わる方のお役にも立てる内容です。

 

資料について

対象 全社のDX推進を担う部門に所属している方、事業部でLTV向上やロイヤル化に取り組んでいる方
資料名 顧客志向DXの最終形 —— アフターデジタル最新理論
企業名 ビービット
企業URL https://www.bebit.co.jp/
問い合わせ先 https://www.bebit.co.jp/contact/

タイアップ