セーラー広告、次期社長に村上専務

share

セーラー広告(本社・高松市)は10日、植村貴好社長が相談役に退き、後任に村上義憲専務(59)が昇格する人事を発表した。村上氏は4月1日付で就任する。

村上氏は1977年セーラー広告入社。第二営業局長を経て94年取締役、常務を経て05年から現職。愛媛県出身。中大経済卒。

同社は中四国エリアを中心に11都市に拠点を置き、地域密着型の営業体制を敷いている。2011年3月期の連結売上高見込みは前年度比7.2%減の89億円。地域経済の低迷を受け苦戦が続く中、経営体制の刷新で業績の巻き返しを図る。

Follow Us