日清製粉グループ本社の屋上にジブリ制作の看板

share

日清製粉グループ本社は12日、東京・神田錦町の本社屋ビル屋上の広告看板を、創業111周年を機に刷新したと発表した。掲出する内容は、昨年の創業110周年を記念してスタジオジブリが制作したオリジナルキャラクター「コニャラ」。

看板はビルの3方向から見ることができる。側面にはジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる筆文字で「未来へずっと」と「昔から、人と麦は仲良しだったんだよ」というキャッチフレーズを添え、日清製粉グループの親しみやすさをアピールする。サイズは横26.4メートル・縦9.4メートル。

同屋上広告看板は、1999年12月に設置したもので、以降、企業広告や商品広告を掲出していた。今回の看板見直しに伴い、光源に白色の発光ダイオード(LED)を採用した。電力削減のため、当面は夜間照明を行わない。

ブレーン 2011年6月号
月刊『ブレーン』
広告のクリエイティブをベースに置きながら、CM、MVなどの映像・グラフィック・プロダクト・空間・Webなど多岐に渡るデザイン、さらに建築やアート・ファッションまであらゆるコミュニケーションデザインを紹介しています。「つくる」仕事をする人たちの発想や表現のヒントとなる座談会や対談、また連載を通してクリエイティブに関する様々な情報を掲載しています。発売:月1回(毎月1日)

Amazon.co.jpで買う
宣伝会議.comで買う

Follow Us