世界一安全なドメイン「.jp」を訴求/日本レジストリサービス「世界水泳『何の世界一?』」編

share

「世界水泳『何の世界一?』」編

日本レジストリサービス

「世界競泳」をモチーフに、世界一安全な日本のドメイン「.jp」を訴求

JPドメイン名の登録管理業務を担う日本レジストリサービスは、インターネットのアドレスなどに使われるドメインの中で、日本のドメイン「.jp」が、安全性において世界一位※となったことを訴求するテレビCMを放映している。
※McAfee社「2010年安全な国別ドメインランキング」の順位(地域を除く)による

CMは、テレビ朝日で放送中の「世界水泳」の中継番組提供枠で放映しており、日本のドメイン「.jp」が、「.ie」(アイルランド)、「.hr」(クロアチア)、「.au」(オーストラリア)、「.ch」(スイス)といった他国のドメインと競泳のようにスピードを競い合う様子が描かれている。

「そもそもドメインとは何か」「ドメインには国別に異なる文字列がある」「日本のドメイン『.jp』が世界一安全である」……といった、人々にとってあまりなじみのない情報を、競泳のレースをモチーフにしたCMでわかりやすく表現した。企画・制作は電通が担当した。

期間
2011年7月17日~2011年7月31日

地域
全国(テレビ朝日 「世界水泳」)

対象
世界水泳の視聴者

目的
インターネットのアドレスなどに使われるドメインの中で、日本のドメイン「.jp」が、安全性で世界第一位となったことを訴求。

広告会社
電通

制作会社
パラダイスカフェ

CD
林尚司

企画
小野麻利江、植田正行、福岡郷介

C
小野麻利江、植田正行

PR
高木徳昭

演出
吉村秀一

出演
伊武雅刀

略称
略称:クリエーティブディレクター(CD)、プランナー(企画)、コピーライター(C)、プロデューサー(PR)、ディレクター(演出)、


Follow Us