クールジャパン 野田首相が選んだのは、佐藤可士和氏によるロゴとメッセージ

share

内閣官房 知的財産戦略推進事務局は、クールジャパンのロゴ、およびメッセージを発表した。

これは「知的財産推進計画2011」(平成23年6月3日知的財産戦略本部決定)に基づき、政府内で統一的に発信するために制作されたもの。7月26日から8月15日までの21日間の公募を含む企画競争手続きにより、99案の中から政府関係者および有識者による絞り込みを経て、野田佳彦内閣総理大臣がアートディレクターの佐藤可士和氏の案に決定した。

佐藤氏はこのロゴと「JAPAN NEXT」というメッセージについて、「次のあたらしい日本へ。日本は、もうこれまでの日本ではない。人類史上最大級の災害を乗り越え、立ち上がることで、さらに強く、創造的で、自信に満ち溢れた国へと生まれ変わる。すべてが、次のステージへ。次の新しい夢へ。次の日本へ」と思いを述べている。

ロゴとメッセージは、政府においてクールジャパンに関し統一的に使用する他、企業、団体、大学でも活用できるよう、使用申請手続きを定めた上で、知的財産戦略推進事務局において10月から受付を行う予定。

佐藤可士和氏は、9月17日に横浜みなとみらいにオープンする「カップヌードル ミュージアム」(正式名称:安藤百福発明記念館) を総合的にプロデュース。同ミュージアムの建物やロゴマークのデザインから、各展示のコンセプトワークに至るまで、すべてのクリエイティブディレクション、アートディレクションを手掛けている。


Follow Us