マクロミルとゼンリンデータコム 新サービス開発における業務提携について

share

株式会社マクロミル(以下マクロミル)と株式会社ゼンリンデータコム(以下ゼンリンデータコム)は、エリア・マーケティング分野の新サービス開発について、業務提携をいたしましたのでお知らせいたします。

マクロミルは、100 万人超のアンケート専用消費者パネルに対するネットリサーチサービスを基軸として、全国約 3 万人の購買データベース「QPR」、日本人 3 万人・中国人 1 万人のブランド保有状況や嗜好を収集した「ブランドデータバンク」などのデータベースサービスを複合的に提供し、企業が生活者の消費行動を捉え、適切に意思決定をするための支援を行っております。

一方、ゼンリンデータコムは、地図や施設情報、ルート案内など、人々の移動行動に必要なあらゆる情報を携帯電話やスマートフォン向けに提供するとともに、長年にわたり蓄積してきた地図サービスへのノウハウや、付随する地図データを活用したサービスを展開しております。

昨今のスマートフォン・タブレット端末やカーナビゲーションシステムなどの位置情報に関わる機能を実装した機器の急速な普及と機能拡充、およびソーシャルメディアの普及に象徴されるWEB技術のさらなる進展により、地域(エリア)ごとに特有の消費者行動を分析し、施策に活かすエリア・マーケティングの可能性は広がっています。

マクロミルおよびゼンリンデータコムは、両社の保有する消費者データおよび地図情報・消費者行動データを活用し、新たなサービスを開発いたします。

Follow Us