「世界は、ひとつずつ変えることができる」最新CM――富士フイルム「レントゲン差分画像技術」編

share

「レントゲン差分画像技術」編

富士フイルム






2007年より富士フイルムが展開している「世界は、ひとつずつ変えることができる」シリーズの最新CM。今回は、肺がんの早期発見をサポートする「レントゲン差分画像技術」を紹介するテレビCMを放映する。実在の研究員が登場し、その技術を通じて人々の健康を守るメッセージを伝える。

「レントゲン差分画像技術」は、過去と現在のレントゲン画像を比較・解析し、そのわずかな違いを発見して、早期の小さながんの発見につなげる技術。「わずかな違い」というテーマから、CMではただ比べても分りにくいことを「間違い探しの絵」に例えて表現した。「不思議の国のアリス」の原作に書かれていた挿絵を元にオリジナルで書き起こし、見た目がそっくりな双子の姉妹がその違いを探すことで、テーマを強調した。

ナレーターには、ヒット曲「島唄」で知られる、ロックバンドTHE BOOM、GANGA ZUMBAの宮沢和史さんを起用。広告会社は電通、企画はTUGBOAT。

広告会社
電通
CA
TUGBOAT
制作会社
ビスポークフィルム
CD
TUGBOAT
企画
TUGBOAT、町田聖二、佐藤雄介
演出
サノ☆ユタカ
C
赤石正人
撮影
石田東
PR
森崎秀嗣、豊岡将和
音楽PR
MR.MUSIC 渡辺秀文
音楽制作
Q Department
NA
宮沢和文
イラスト
エンライトメント
出演(双子)
みみ・もも
略称
クリエイティブディレクター(CD)、プランナー(企画)、コピーライター(C)、プロデューサー(PR)、
『ブレーン』2012年2月号
 アイデアが出る! 習慣と発想法
アイデアを出すための習慣と発想法について、広告クリエイター、コンサルタント、プ ロダクトデザイナー、作曲家、起業家など9人のクリエイターに話を聞きました。2012年、よりよいアイデアを生み出すためのヒントが満載。最新のアイデア発想法と共に、新年のスタートです。

Amazon.co.jpで買う
宣伝会議.comで買う

Follow Us