ダイバーシティ・トップ50発表。日本企業は北米トヨタのみ

share

dybersity

ダイバーシティ・トップ50を発表するダイバーシティインクDibersityIncのウェブサイト

アメリカと世界のダイバーシティ・マネジメントを評価する「ダイバーシティ・トップ50」が発表された。年々世界における認知度も上がっており、13年目をむかえた今年は587社が参加した。

このコンテストを主催するダイバーシティインクはダイバーシティ・マネジメントのコンサルティングや専門誌の発行、イベントの開催などを行うコンサルティング会社だ。

主要な評価のポイントは、CEOのコミットメント、ヒューマン・キャピタル(人的資本)、企業コミュニケーション、サプライヤーの多様性の4つ。次回、トップにランクインした上位5社が高く評価されたポイントを紹介する。

2012ダイバーシティ・トップ50

デニス・ネリー

プライスウォーターハウス・クーパーズのチェアマン、デニス・ネリー(Dennis Nally, Chairman, PricewaterhouseCoopers International at India Economic Summit 2010, Photo by Eric Miler © World Economic Forum (www.weforum.org))

  1. プライスウォーターハウス・クーパーズ(PricewaterhouseCoopers)
  2. ソデクソ(Sodexo)
  3. カイザーパーマネンテ(Kaiser Permanente)
  4. AT&T
  5. プロクター&ギャンブル(Procter & Gamble)
  6. アーンスト&ヤング(Ernst & Young)
  7. クラフトフーズ(Kraft Foods)
  8. デロイト(Deloitte)
  9. プルデンシャル ファイナンシャル(Prudential Financial)
  10. コルゲート・パーモリーブ(Colgate-Palmolive)
  11. ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)
  12. アクセンチュア(Accenture)
  13. ノバルティスファーマ(Novartis Pharmaceuticals Corporation)
  14. アメリカン・エクスプレス(American Express)
  15. マスターカード(MasterCard Worldwide)
  16. メルク(Merck & Co.)
  17. IBM
  18. カミンズ(Cummins)
  19. ヘルスケアサービス(Health Care Service Corporation)
  20. アボット(Abbott)
  21. マリオット・インターナショナル(Marriott International)
  22. KPMG
  23. CSX
  24. ウテナ(Aetna)
  25. コックス コミュニケーションズ(Cox Communications)
  26. デル(Dell)
  27. オートマティック・データ・プロセシング(Automatic Data Processing)
  28. ジェネラルミルズ(General Mills)
  29. イーライリリー(Eli Lilly and Company)
  30. ターゲット(Target)
  31. バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)
  32. スターウッド・ホテル&リゾート(Starwood Hotels & Resorts Worldwide)
  33. ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)
  34. ウェルポイント(WellPoint)
  35. J.C.ペニー(jcpenney)
  36. ブーズ・アレン・ハミルトン(Booz Allen Hamilton)
  37. オールステート・インシュアランス(Allstate Insurance Company)
  38. メドトロニック(Medtronic)
  39. ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications)
  40. タイム・ワーナー(Time Warner)
  41. 北米トヨタ(Toyota Motor North America)
  42. ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)
  43. ロックウェル・コリンズ(Rockwell Collins)
  44. モンサント(Monsanto)
  45. クライスラー(Chrysler Group)
  46. コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)
  47. キャピタルワン(Capital One)
  48. ロッキード・マーティン(Lockheed Martin)
  49. ケロッグ(Kellogg Company)
  50. メットライフ(MetLife)
人間会議2011年冬号
『環境会議2012年春号』
エネルギー問題や自然環境保護など、環境問題への対策や社会貢献活動は、いまや広告・広報、ステークホルダー・コミュニケーションに欠かせないものとなっています。そこで、宣伝会議では、社会環境や地球環境など、外部との関わり方を考える『環境会議』と組織の啓蒙や、人の生き方など、内部と向き合う『人間会議』を両輪に、企業のCSRコミュニケーションに欠かせない情報をお届けします。 発行:年4回(3月、6月、9月、12月の5日発売)

Amazon.co.jpで買う
宣伝会議ONLINEで買う


Follow Us