第3回販促会議賞グランプリ受賞者が作成した企画書公開!

share

販促会議の人気連載コーナー「これがプロの企画書だ!」に掲載している企画書の一部を公開。企画の立案や企画書の書き方の参考にしてください。

※定期購読者の方にはこちらの企画書のパワーポイントデータを、ダウンロードできる特典が付いています。
※すでに定期購読している方は、こちらよりお申し込みください

※販促会議賞から名称を変更した「販促会議 企画コンペティション2012」アイデア募集中!

今以上に禁煙に挫折する人を増やさないために 世界禁煙デー 新ムーブメント

「販促会議」2012年6月号連載「これがプロの企画書だ!」より

(執筆者)
博報堂 第一営業局
宮原広志氏(みやはら・ひろし)
博報堂 プロモーションプランニング部 プラナー
冨永 敬氏(とみなが・けい)
「販促会議」2012年6月号掲載

(自主提案内容)

  • 大手医薬品会社/禁煙補助剤商品A。
  • 業界を牽引。禁煙者が増えれば、商品が売れる。
  • 薬事法の関係で、マス表現での表現に制限がある。
  • 若者、減少中も依然諸外国に比べると高い。近年、若い女性の喫煙が増えている。
  • 禁煙挑戦者を増やして、販売促進をしたい。
スライド1


プレゼントーク(1)
喫煙をやめたいのにやめない、やめられない。喫煙者の8割がそう思っている事実があります。そして、一度は禁煙に挑戦しても、飲み会中や仕事の合間の休憩など、ほかの人が目の前でタバコを吸っている場面は数多くあり、つい吸ってしまうというのは多くの人が経験しています。今回注目したのは、喫煙者の約5割を占めるこの「禁煙挫折者」です。

ポイント(1)

  • 喫煙にまつわる数値を具体的に挙げ、約80%の喫煙者がやめたいと思っている事実を提示。
  • その中で、今回注目するターゲット(禁煙挫折者)を明確に示す。

スライド2


プレゼントーク(2)
その挫折の原因は、自己完結にあると考えます。自分一人で禁煙を始めて、孤独に我慢し続け、どこかで勝手に挫折する。「ある人が禁煙に挑戦する」のは、他人にはさほど興味・関心のない出来事です。それを、周りの人にも興味・関心のあるものにし、周りまで巻き込んだイベントにすることを今回のゴールとしました。

ポイント(2)

  • 他人の禁煙には関心がないということに、納得感を与える。
  • この企画で成し遂げるゴールを、明確に端的に説明する。


次ページへ続く

販促会議6月号
『販促会議』 定期購読のお申込みはこちら
『販促会議』は「人を集める」「商品を売る」ための企画のヒントを毎月お届けする、セールスプロモーションの情報誌です。
定期購読の三大特典
1、プロの企画書無料ダウンロードサービス
2、送料・代引き手数料が無料
3、業界の最新情報が毎日メールで届く
発売:月1回(毎月1日)
宣伝会議.comで買う

Follow Us