資生堂と日本航空が食のコラボレーション

share

朝食メニュー
スイーツ

ファーストクラスで提供される朝食メニューとスイーツ。

資生堂と日本航空(以下、JAL)は、国内線「JALファーストクラス」導入5周年を記念し、期間限定で、「資生堂パーラー」の朝食とスイーツメニューを初めて機内食として提供する。

対象は、東京(羽田)と4都市(札幌、大阪、福岡、沖縄)を結ぶ国内線ファーストクラス。朝食メニューは、2012年12月1日から31日までの1ヶ月間、季節感と素材の美味しさを引き出した3つのメニューを10日毎に用意する。また、スイーツメニューは2012年12月1日から2013年1月31日までの2ヶ月間の限定となる。東京・銀座でしか味わえない「資生堂パーラー 銀座本店」の代表的なメニューから朝食メニューと、また長年愛されてきた洋生菓子のなかから9品の厳選したスイーツを提供する。

「資生堂パーラー」は2012年、創業110年を迎えた。機内食のプロデュースは110年の歴史の中でも初めてのこと。「資生堂パーラー銀座本店」の味を空の上でも忠実に再現できるよう、食材選び、調理法に吟味を重ねたほか、仕上がりの色、盛り付けにまで徹底的に試作を行ったという。



Follow Us