森永「ハイチュウ」、ゲーム感覚で歯みがきを楽しむアイテムを開発

share

森永製菓は23日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のキャンペーンの一環で、ゲーム感覚で歯みがきを楽しめる子ども向けのアイテム「ハミガキコントローラー」を開発したと発表した。市販の歯ブラシをコントローラーに装着すると、パソコンと連動して簡単にリズムゲームを楽しめるもので、歯科医師が監修した。テクノロジーを用いてゲームの要素を組み込むことで、ソフトキャンディにおける「虫歯になりやすい」という課題解決に取り組む。担当広告会社は博報堂。制作はライゾマティクス、太陽企画。

ゲームの遊び方などはYouTube上で公開されており、コントローラーに市販の歯ブラシを差し込むと毛先の向きや磨くスピードをセンサーが計測する。歯ブラシの動きに反応してゲームキャラクターが育つもので、得点アップとともにステージが上がっていく仕組み。

「ハイチュウ」では11月から、広告キャラクターである「関ジャニ∞」とともに「関ジャニ∞もほしい!こんなん出ました!」キャンペーンを実施しており、1月31日まで「ハミガキコントローラー」を体験するテストプレーヤーを抽選で募集している。プレーヤーはWebで配信されるCMに出演できる。なお、「(ハミガキコントローラーの)具体的な商品化などは未定」(森永製菓 コーポレートコミュニケーション部)としている。

広告会社
博報堂
制作会社
ライゾマティクス+太陽企画
CD
滝口勇也、齋藤迅
企画
川村健士、櫛田直希
C
神田祐介



Follow Us