“次世代”カローラの合言葉は「ラブ&ジーンズ」――トヨタ自動車 カローラフィールダーHV「ラブ&ジーンズ」編

share

トヨタ自動車は7日、新テレビCM「ラブ&ジーンズ」編の放映を開始した。同社が6日に発売したハイブリッドモデル2車種「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」を訴求するもので、CMキャラクターには、日本ジーンズ協議会主催の「ベストジーニスト」に5年連続(1994~1998年)選出され、殿堂入りを果たしたタレント・木村拓哉さんを起用した。

6月にスタートした同社の企業キャンペーン「TOYOTOWN(トヨタウン)」のCMとも連動しており、木村さんは「市長」という役どころを担っている。

TOYOTOWN TOYOTOWN
企画制作
シンガタ+ワンスカイ+電通+ギークピクチュアズ
CD・企画
佐々木宏
企画・C
福里真一
C
一倉宏
AD
浜辺明弘
演出
浜崎慎治
撮影
河津太郎
EPR
俊成和作、小佐野保
PR
稲垣護、早坂匡裕
GPR
西澤恵子
CAS
海本剛作
AE
三村洋平
CP
西山雅也、前田貴臣
ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

同社は現在、このCMを軸に、「COROLLA HYBRID JEANS」をコンセプトとしたキャンペーンを展開中。コンセプトには、「堅苦しくなくカジュアルに、しかしフォーマルな場でもおしゃれに決まる。まるで『ジーンズ』を履くようにハイブリッドを楽しんでもらいたい」という思いが込められている。

キャンペーンの一環として、日本ジーンズ協議会の協力のもと、ジーンズでラッピングした「カローラフィールダー」の巡回展示をスタートした。6~7日の東京・新宿ステーションスクエアを皮切りに、9月7日までの間、大阪・名古屋・福岡・札幌と全国各地で実施する予定。会場ではラッピングカーのほか、同じくジーンズ生地で作られたドラえもんの人形や、木村さんの大型グラフィック広告も展示される。

キャンペーンを通じて、1966年の発売から48年目を迎える「カローラ」にハイブリッドシリーズが加わったことを大々的にアピールしたい考えだ。

ジーンズラッピングカーの制作にあたっては、日本ジーンズ協議会に所属する素材メーカー「カイハラ」がラッピング専用の生地を生産した。ラッピングカーは公道走行は不可で、一般販売の予定はない。

Follow Us