東急電鉄、駅商業施設の新ブランド「etomo」をスタート

share

東急電鉄は、東急線駅構内・駅近接の商業施設の新たなブランド「etomo(エトモ)」を展開すると発表した。最初は、12月20日に田園都市線江田駅に「エトモ江田」を開業する。

「エトモ」ブランドで展開するのは、通勤・通学利用者をターゲットとした駅構内・駅近接の商業店舗。「エトモ」は、「駅ともっと、街ともっと」をキャッチフレーズに、駅ごとの特色にあわせた店舗を誘致、展開する街に溶け込むような施設デザインとした、駅と街をつなぐ新たなコミュニティ型商業施設ブランド。

これまで個店単位で運営を行っていた店舗を「エトモ」として一体運営することで、駅の賑わいを創出し街中へと広げていくことを目指すとしている。

Follow Us