電通がYouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO」を来春創刊

share

電通は、動画共有サイト「YouTube」の公式チャンネル「MANGAPOLO(マンガポーロ)」内で、マンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO(マンガポーロゼロ)」を来春創刊すると発表した。

このチャンネル内で公開マンガ家オーディションを開催し、プロ・アマ問わず投稿された作品を読者の反響に基づき現役マンガ家が審査し、選抜メンバーによる新作マンガを連載形式で配信するというもの。

第1弾オーディションは日本文芸社が開催し、審査員は高橋陽一氏(「キャプテン翼」など)、高橋よしひろ氏(「銀牙伝説WEEDオリオン」など)、ラズウェル細木氏(「酒のほそ道」など)が務める。

「MANGAPOLO」は”Discover New Manga”をテーマに、マンガと読者との出会いを創出するためのプロジェクトとして、2013年2月にYouTube内にマンガチャンネル「MANGAPOLO」を開設。複数の出版社と共同して既刊の人気マンガ作品を中心に配信している。現在、約4万7000人のチャンネル登録者がいる(利用料金無料)。

「MANGAPOLO ZERO」は、この「MANGAPOLO」内のひとつのコーナー(再生リスト)として新設される。新たな才能を発掘するため、応募者の投稿した作品はMANGAPOLOチャンネルで公開し、読者となるチャンネル登録者や一般YouTubeユーザーによる視聴回数や反響などを参考にしたうえで、審査員による審査を行う。

公開オーディションでマンガ家を決定する形式を採用することで、連載前から注目を集める狙いだ。

募集期間は12月11日~2014年3月末まで。1月以降に応募作品が公開となり、審査は4~5月に行われる。大賞受賞者には賞金100万円と「MANGAPOLO ZERO」での連載という特典がある。

※サイトはこちら

Follow Us