ファミリーマートの「初音ミク」キャンペーンでファン考案メニュー発売

share

ファミリーマートは2月25日から、人気キャラクター「初音ミク」とのタイアップキャンペーン「ミクLOVESファミマ♪キャンペーン3rd~楽しい春の音楽会~」を、全国約1万300店舗で実施している。同キャラクターとのタイアップキャンペーンは2012年8月に第1弾を実施して以来、今回で3回目。

今回のキャンペーンの目玉は、ファン考案のコラボメニューの商品化。

13年10月からウェブ上でコラボメニューのアイデアを募集し、集まった約200件のアイデアの中から選ばれたメニューを商品化、発売している。

商品化されたのは、初音ミクをイメージした「ミクのバジルスパゲティ」(税込430円)や「ミクの髪飾り風ケーキ」(税込130円)のほか、他の人気キャラクター「巡音ルカ」「鏡音リン」「重音テト」をイメージした商品も含め全5種類。

また、ファミリーマート限定のコラボ商品8種類を発売するとともに、これらのコラボ商品や、飲料などの対象商品を含む500円以上の購入を条件としたプレゼントキャンペーンも実施する。

応募期間は3月25日まで。賞品はオリジナルデザインの電子ピアノなどで、抽選で合計630人に当たる。

キャンペーン期間中、店頭に掲出されるポスターには、人気作家3人(櫻木けい、wogura、so-bin)による描き下ろしイラストを使用し、店舗によって異なる3種類のデザインを展開。ファンの来店を促す。

「販促会議」2月号では、巻頭特集として「キャラクタータイアップ販促特集」を実施。

ファミリーマートを含め、各社のキャラクタータイアップ事例を取材し、ソーシャルメディア時代に求められるキャラクター活用の方法を探る。

Follow Us