5月4日は「スター・ウォーズの日」——米国企業のリアルタイムマーケティング実例

share

去る5月4日は「Star Wars Day(スター・ウォーズの日)」。
『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』などを手がけた映画制作会社
Lucasfilm(ルーカスフィルム)も公認の記念日で、
全世界のファンが同シリーズと、同シリーズがつくり上げてきた
スター・ウォーズ文化を称える日として親しまれている。

記念日の由来は、“May the force be with you.(フォースと共にあれ)”
という作中の名ゼリフに、「5月4日(May the 4th)」をかけた語呂合わせ。
ツイッターやフェイスブックなどSNSでは、ファンが記念日を祝う投稿が多く見られた。

しかし、投稿を行っていたのは一般のファンだけではない。
シスコやユナイテッド航空、アマゾンやサブウェイなど多くの米国企業も、
ハッシュタグ「#MayThe4thBeWithYou」「#HappyStarWarsDay」「#starwarsday」
などを付けたエントリーを相次いで投稿。
スター・ウォーズの知名度・話題性を利用したリアルタイムマーケティングを展開した。

米『ADWEEK』誌にも、米国企業のこうした動きをレポートした記事が掲載されている。

次ページ 「NASA(アメリカ航空宇宙局)、英国クリーブランド警察、VANS、レゴグループ、シスコ、日産USA、Frappuccino(スターバックスコーヒー)、トイザラスの投稿」に続く

Follow Us