Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014、作品募集始まる

share

近年ますます成熟が進みつつあるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット端末)における可能性を探り、才能あるクリエイターたちを発掘・支援していくことを目的とする「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード」(主催:ヤフー)。今年で9回目の開催となる同賞2014度の作品募集が7月15日から始まるにあたり、公式サイトが公開された。

スマートデバイスの利用者が急増する昨今の状況を鑑み、本年度も前回同様にスマートデバイスに関連した広告作品やクリエイティブに限定した形での募集を行う。

募集するのは、一般(プロ・アマチュア不問)が制作した作品を募る「一般の部」と企業・各種団体のブランディングや商品・サービスの訴求を目的に活用された作品を募る「企業の部」の二部門。それぞれの部門でグランプリを1作品選出するほか、各部内の部門ごとにGold、Silver、Bronzeを選出する。

審査員は、阿部淳也(ワンパク 代表取締役/クリエイティブディレクター)、大八木翼(SIX クリエイティブディレクター) 、Saqoosha(dot by dot inc. CTO /プログラマー)、下浜臨太郎(電通 コミュニケーションデザインセンター アートディレクター)、千房けん輔(エキソニモ/IDPW所属 アーティスト/プログラマ/ディレクター)、中村洋基(PARTY クリエイティブディレクター/ファウンダー)、馬場鑑平(バスキュール クリエイティブディレクター)、深津 貴之(Art & Mobile 代表取締役)、柳澤大輔(面白法人カヤック代表取締役)。

締切は、8月18日(月)。
ノミネート作品の発表は10月中旬、最終審査結果の発表と贈賞式は11月下旬を予定している。

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード 概要

【募集期間】

2014年7月15日(火)~2014年8月18日(月)

【募集部門と賞】

≪一般の部≫

個人、またはユニットがプライベートな活動で制作したスマートデバイスで使用できる作品が対象。プロ・アマチュアは問わず。

●グランプリ(賞金100万円+トロフィー)1作品

●スマートデバイス広告部門(Gold:賞金30万円、Silver:賞金20万円、Bronze:賞金10万円。各賞にトロフィー)
Yahoo! JAPANが提供するアプリ、サービス、ブランド広告より1つのテーマを選び、「スマートフォン版Yahoo! JAPAN」に広告として掲載することを想定した作品が対象。

●スマートデバイスアプリ部門(Gold:賞金30万円、Silver:賞金20万円、Bronze:賞金10万円。各賞トロフィー)
スマートデバイス(iOS、Android)で使用できるアプリが対象。

●スマートデバイスイノベーション部門(Gold:賞金30万円、Silver:賞金20万円、Bronze:賞金10万円。各賞トロフィー)
スマートデバイスの新しい活用法を提案した作品または、スマートデバイスの未来を提案した作品が対象。

≪企業の部≫

2013年8月13日から2014年8月18日の間に公開され、企業・各種団体が制作したスマートデバイス広告、アプリケーション、ウェブサイト、サービス、プロダクトなどが対象。

●グランプリ (トロフィー)
企業の部に応募された全ての作品から1作品を選出します。

●スマートデバイス広告・キャンペーン部門(Gold、Silver、Bronze各賞トロフィー)
スマートデバイスを利用した広告(メディアタイアップ、動画広告含む)、キャンペーン、マーケティング施策などの作品が対象。

●スマートデバイスアプリ部門(Gold、Silver、Bronze各賞トロフィー)
スマートデバイス(iOS、Android)で使用できるアプリが対象。
・アプリケーションを使ったサービスやプロダクト
・ブランディングや商品・サービスの訴求を目的に制作したアプリ

●スマートデバイスイノベーション部門(Gold、Silver、Bronze各賞トロフィー)
スマートデバイスの新しい使い方を提案した作品が対象。
・新たなビジネスモデル
・画期的なサービスやプロダクト
・ブランディングや商品・サービスの訴求を目的にスマートデバイスを効果的に使用したマーケティングの仕組み

canne_lead

Yahoo」関連記事はこちら

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード」関連記事はこちら

Follow Us