Web広告研究会、ソーシャルメディア担当者のためのスターターキットを発表

share

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は、「ソーシャルメディア公式アカウント運営者のためのスターターキット」の提供を6月19日より、開始した。

企業のソーシャルメディア担当者がアカウントを運用するにあたり、用意しておいた方がいい14のドキュメントとして、社内文書やガイドライン、取り決めなどが「導入する時」「運用する時」「リスク対策」「社内啓発」の4つのタイミングごとにまとめてられている。

近年では、企業のソーシャルメディアの活用が進んでいる一方、各社にマニュアルやガイドラインのようなものが存在せず、リスク対策をはじめとした運用面での課題は多い。今回の提供は、そうしたソーシャルメディアアカウント担当者が抱える課題を解決し、よりスムーズに運営が行えるよう促す狙い。

同キットは、サントリーホールディングスや日本ケンタッキー・フライド・チキンといった企業をはじめ、49社63名のメンバーで構成されるソーシャルメディア委員会の運営ガイドワーキンググループが、各社の事例を持ち寄り、ノウハウとして体系化した。同協会のWebサイトから無料でダウンロードできる。

Web広告研究会は、企業とお客様、また、企業内の担当者と関係部署が、ソーシャルメディアを活用して、より円滑に信頼関係を築くことができるようにとの考えから、今回の提供に至ったという。

Web広告研究会」関連記事はこちら

Follow Us