熊本出身のレイザーラモンRGが、「おんせん県」に対抗して熊本のおふろをふろ(プロ)モーション

share

一糸まとわぬ姿のレイザーラモンRGが湯船で飛び跳ね、はしゃぐ。さらには露天風呂で叫んで飛び込む。そして全くウケないギャグを連発してすべる、といったWeb動画が6月26日に公開された。

この動画を配信したのは、昨年10月に熊本県観光課内に設立された「ふろモーション課」。同課では熊本の「正しいおふろ文化」を世に広げていく活動=ふろモーション活動を行っており、その課長代理として熊本出身のお笑い芸人レイザーラモンRGを起用。おふろの流儀としてやってはいけないことを「あるある」ネタとして紹介する。

特設Webサイトでは、「のぼせモン天国」というタイトルで、「のぼせモン効果」を謳う。「のぼせモン効果」とは、身も心もポジティブにしてくれる熊本県の温泉ならではの効果・効能。これを強調すべく、「あっちが地獄なら、こっちは天国だ。」というコピーで挑発的な姿勢を見せる。これは「おんせん県」のプロモーションで話題を集めた、大分県の観光スポットである地獄めぐりを意識してのコピーだ。

「熊本県も全国有数の温泉地。それをPRするにあたり、何か話題になることをやりたい」という依頼を受け、電通九州の和久田昌裕さんが企画を手がけた。「熊本出身の芸人の中に、レイザーラモンRGさんを見つけ、彼が登場する“おふろあるある”があったらいいよねと考えたものです。予算の制約はありましたが、その中で最大限に面白く、でもおふろの企画なのでどことなく“ゆるい”世界観を目指しました。出来るだけ多くの人に、熊本のおふろっていいなーと思ってもらい、足を運んでいただけたらと思います」と話す。動画は特設サイトのほか、YouTubeでも視聴できる。

【スタッフリスト】

○企画制作
電通九州+HOP+VSQ+BUZZHOOK
○CD+企画+C
和久田昌裕
○AD+D
下田富之
○演出
野村建宇
○PR
井上潤一
○PM
江崎久美子
○編集
渡辺洋平
○撮影
田畑信悟
○WEB制作
柴田多美、杉山祐介
○AE
亀井純平
○出演
レイザーラモンRG

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

のぼせモン天国」関連記事はこちら

ふろモーション活動」関連記事はこちら

ふろモーション課」関連記事はこちら

Follow Us