「ONE PIECE」3億冊突破キャンペーンに新聞広告大賞 47都道府県で異なる広告掲載

share

第34回「新聞広告賞」(日本新聞協会主催)の受賞作品が3日、発表された。広告主部門から選ばれる新聞広告大賞には、集英社の「『ONE PIECE』コミックス3億冊突破記念キャンペーン『ニッポン縦断!OPJ47クルーズ』」が選ばれた。

人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の単行本の累計発行部数が3億冊を突破したことを記念して実施したもの。漫画のキャラクターと47都道府県の名所や特産品を組み合わせ、2013年11月1日から20日にかけて、毎日異なるキャラクターが北海道から順に登場する仕掛け。全国47都道府県の49紙に全15段広告を掲載した。

©尾田栄一郎/集英社

キャンペーン期間中は、掲載内容や次に登場するキャラクターについての話題がSNSを通じて広がるなど、新聞読者に限らず幅広い層に浸透した。最後は「ニューヨーク・タイムズ」と台湾の「中国時報」に主人公が登場したことも話題になった。

広告主部門はこのほか、世界無形文化遺産の認定に合わせて彩り豊かな「和食」の魅力を訴求した味の素や近畿大学の元旦広告など5作品が新聞広告賞、ほか11作品が優秀賞を受賞した。

新聞社企画部門は、地元出身のお笑い芸人・鉄拳さんによるパラパラ漫画が話題になった信濃毎日新聞の「家族のはなし」や、栃木県宇都宮市の「餃子購入額日本一」奪還を応援した下野新聞の広告企画「宇都宮餃子消費量日本一奪還プロジェクト」など6作品が新聞広告賞、中日新聞の「全広連名古屋大会開催記念特集」など5作品が奨励賞を受賞した。

今回の応募数は、広告主部門が1件減の365件、新聞社企画部門は8件減の60件だった。贈賞は10月20日、都内で開かれる「新聞広告の日」記念式典で行われる。

新聞広告賞の11点は次の通り。

次ページ 「【広告主部門】」に続く

Follow Us