レクサス、光のアートイベントを11月3日から開催——人型イルミネーションがビルの壁を駆け降りる

share

LEXUSは、最新スポーツクーペ「RC F」の発売を記念して、光のアートイベント「STROBE in GINZA」を、11月3~9日までの期間限定で銀座ソニービル ソニースクエアにて開催する。

これは、グローバルブランドキャンペーンの一環として展開するテレビCM「STROBE」の世界観を再現する企画で、7体で合計5,600個のLEDライトをまとったライトマンがビルの壁を駆け降りるというもの。

「STROBE」は、一体ずつ順番に点灯・点滅することで、あたかも一人の人間が夜の街を縦横無尽に駆け巡るかのように見える人型のイルミネーション。LEDの発光プログラミングと、実際の人間を吊り下げる技術を駆使したテレビCMは「RC F」からインスピレーションを得ており、ライトマンのスポーティな動きのモチーフとなっている。LEDライトやスピンドルグリルなど、特注で再現したスーツもレクサス独自のデザインがベース。

ライトマンの制作は、“世界が選ぶ特殊メイクアップアーティスト10人”に選出された、特殊メイクアーティストのJIROさん。「RC F」の上に着地するライトマンにはリアルな人間のお面がつけられ、交差点の方向を向いて頭部が動く仕掛けも。

レクサスは「AMAZING IN MOTION」というスローガンのもと、革新的なデザインやテクノロジーを通じてレクサスの想いを伝えるための世界規模のプロジェクトを実施している。

特設サイトはこちら


「LEXUS」に関連する記事はこちら

【スタッフリスト】

企画制作
デルフィス+メディアコンシェルジュ
CD
高宮範有
企画
長瀬俊也、志儀永二郎
AE
久保克典
人型造形
有限会社自由廊(JIRO)
LED制作+プログラム
コマデン
施工
東京タカラ商会、アドジャパン

CA:クリエイティブエージェンシー/ECD:エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター/CD:クリエイティブ・ディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/AD:アートディレクター/D:デザイナー/I:イラストレーター/撮影:カメラマン/TD:テクニカルディレクター/DV:デベロッパー/PRG:プログラマー/FLASH:FLASH制作/ME:マークアップエンジニア/PR:プロデューサー/PM:プロジェクトマネージャー/AE:アカウント・エグゼクティブ/AP:アカウント・プランナー、営業

Follow Us