東京でアジア初となる「アドバタイジングウィークアジア」開催

share

2004年の創設以来、広告、アドテック、マーケティング、メディアの専門家が一堂に会して毎年開催される世界最大のイベントである「Advertising Week(アドバタイジングウィーク)」。今年5月30日~6月2日に「アドバタイジングウィークアジア」が、東京六本木・東京ミッドタウンにて開催されることとなった。

エグゼクティブ・ディレクターとしてアドバタイジングウィークアジアを統括するのは、igniteの笠松良彦代表取締役社長。

アドバタイジングウィーク創立者のマット・シェクナー最高経営責任者(CEO)は、「アジア市場は活況を呈しており、東京はまさにクリエイティビティとテクノロジーが交差する場所となっています。アドバタイジングウィークをニューヨークとロンドンから世界第3の市場である東京、ひいてはアジア太平洋地域へと広げることができ、大変うれしく思います」と話している。

「アドバタイジングウィークアジア」は、基本的に他のアドバタイジングウィークと同じ形式となる。日中は専門的な基調講演、セミナー、ワークショップが実施され、夜には開会セレモニーを含むスペシャル・イベントを毎日催す。ニューヨークとロンドンの精神と内容を維持しつつも、東京で開催されるアドバタイジングウィークアジアでは、開催都市だけでなく、周辺の国および地域の固有の文化も視野に入れてプログラムが構築される予定。


「アドバタイジングウィーク」に関連する記事はこちら

Follow Us