ライゾマティクス企画・プロデュース、安全運転を“見える化”したムービー

share

アクサ損害保険は、顧客参加型プロジェクト「MIRAI DRIVE PROJECT」を発足。それに際し、同社が目指すビジョンを伝えるコンセプトムービーを公開した。

同社は、株式会社スマートドライブと安全運転で保険料を割引くテレマティクス保険の開発を開始。この保険を開発するには多くの顧客の運転データが必要となるため、「安全運転を見える化。未来の安全運転基準をつくる」ことを目的と、本プロジェクトを発足した。現在はスマホアプリ「YouDrive」を使い、運転データを収集している段階だ。

コンセプトムービーは、舞台は、巨木の周りに広がる道路。子どもたちはそこに置かれた車に乗り込み、ルールを無視して無邪気に遊んでいる。やがて、母親より交通ルールを教わり、信号で止まる、譲り合う、渋滞を避けるなど、交通ルールを守りながら走り始めると……。車につけられた気づきランプが光り、花が開き、しゃぼん玉が飛び、ずっと目をつぶっていた巨木が目覚める。その様子を見た子どもたちには、「安全運転って、楽しい」という意識が芽生え、安全運転を楽しむ“未来ドライバー”へと変わっていく。

本ムービーは、MIRAI DRIVE PROJECTの本質である、安全運転への“気づき”の瞬間から実際に意識が変わっていく様を子供たちの世界を通して描いている。撮影前、子どもたちにプロジェクトの目指す世界観と安全運転の楽しさを理解してもらうため、まずワークショップを実施。運転の仕方や未来のクルマ社会について学んだ後、実際に車に乗ってもらい、運転している様子を撮影している。

全体のプランニングとプロデュースは、ライゾマティクス。映像内における演出装置は、ライゾマティクス テックマーケティングが独自で開発したシステムを採用している。

今後もテレマティクス保険のローンチに向けて、ワークショップなど継続して展開していく予定だ。

スタッフリスト

企画制作
ライゾマティクス+EPOCH+POOL inc.
CD+企画+PR
有國恵介
Dir
斎藤渉
C+企画
竹田芳幸
AD
木村浩康
TD
元木龍也、堀尾寛太
PR
荒井和也
美術
木村匡孝
美術
佐藤方紀
美術
工藤幸平
広報PR
大澤允之

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター


「ライゾマティクス」に関連する記事はこちら

Follow Us