メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

【SiTest(サイテスト)オールインワン型Web解析ツール】 AI活用でマーケターの業務効率を50%以上改善し売上アップ・コストダウン

share

2015年1月の本格リリースからわずか1年で、導入サイト数7万3000サイトの実績を獲得したWebサイト解析・改善をオールインワンで実現するASP「SiTest®(サイテスト)」。同ツールがマーケターにもたらす可能性と、開発までの道のりをグラッドキューブ 代表取締役 CEOの金島弘樹氏に聞いた。
at_2-1

ヒートマップでサイト改善

グラッドキューブは、インターネット広告市場の成長期まっただ中の2007年に設立された。代表取締役 CEOの金島弘樹氏はグラッドキューブ設立当初、オンラインショップを立ち上げ、サイトの売上げを高めるためにWebサイト改善・広告配信を独自で工夫していた。

手探りでテストを繰り返すうちにノウハウが溜まり、リスティング広告を中心としたコンサルティングサービスへとビジネス内容が変化。現在ではインターネット全領域のプロモーションを支援する事業へと移行した。

インターネット広告会社として数多くの広告を担うなかで、広告費をかけて広告を出稿してもモノが売れない、費用対効果が合わない、そもそもアクセスが集まらないなど、さまざまな問題を相談されるようになるが、その問題解消には誘導先のサイト改善が不可欠であることに行き着く。

「サイト改善にかける予算、ITリテラシーの有無にかかわらず、Webサイトの改善や解析・レポートが安価で簡単にできるようしたい」。

その想いから2012年の秋頃よりサイト解析ツールの自社開発を始め、2015年に本格ローンチとなったのが「SiTest (サイテスト)」だ。

「Webサイトをテストする」で「サイテスト」。マウスカーソルなどの動作データを熱で可視化して、ユーザーの閲覧、注目ポイントが視覚的に分かるマウスグラフィの他、キャンペーンなどの昨対比が簡単に閲覧できる「期間比較*」、CVしたユーザーと非CVユーザーなどを比較できる「セグメント比較*」を実現した8種類のヒートマップを搭載している。

*特許出願中

スマホやタブレットで動作するスクロール、タップ、フリックなどの操作についても対応可能で、ヒートマップ機能については、Web解析ツールのなかで最も種類が豊富だ。

さらに人工知能を搭載したABテスト機能、ショッピングカート内の分析ができるEFO(エントリーフォーム改善)も搭載し、これまでサイト解析とABテストでばらばらに分かれていた解析のフローをSiTestひとつで実施することが可能になった。

「Web担当者は現在、複数のツールから上がってくるデータを見ながら、改善の意思決定を行っている。サイト解析にはGoogle Analyticsやヒートマップツールを、ABテストを実施するにはまた別のツールと、業務が複雑化し手間も時間もかけている。マーケターの負担を軽減するべく、僕はそれを一つのプラットフォームにしました」。

次ページ 「サイト運用で時間を浪費しない」へ続く

お問い合わせ
株式会社グラッドキューブ
東京都港区赤坂2-9-2 WAYTOWERS 4F
URL:http://www.glad-cube.com/
TEL:03-6441-3336

Follow Us