メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

30名の「UT Picker」が毎月Tシャツを選んでくれるユニクロUTの新サービス、企画はPARTY

share

ユニクロのTシャツブランド「UT」が、キュレーション型の購買新サービス「UT Picks(ユーティー ピックス)」を開始した。又吉直樹、シシド・カフカ、はあちゅう、「Ginza」の中島敏子編集長など、ポップカルチャーを代表する30名の著名人(UT Picker)の中から好きな人を選ぶと、その人が選んだTシャツが毎月1枚ずつ届く仕組み。月額990円(+税)×5カ月の定期購買サービスとして、5月から発送を開始する。 このサービスを通じて、1200色柄を越えるUTのラインナップから自分に合うTシャツ選びをサポートする。

企画開発はPARTY。同社 チーフストラテジストでUT Picksクリエイティブディレクターの高宮範有氏は「UTの春夏キャンペーンというオーダーでしたが、『Tシャツが売れること』『単発ではなく続いていく仕組みをつくること』を意識し、新しいサービスの開発を提案しました。ユニクロのTシャツは、実はデザインごとに、ボディの形状や素材も異なっており、バリエーションが本当に豊富です。『UT Picks』を入り口にして、Tシャツを購入する多くの方に、30人の目利きの選定に耐えられる「UTのクオリティの高さと、バリエーションの豊富さ」をお伝えする。そのために、各ジャンルの目利きと呼ばれる方々にPickerを担っていただき、『Tシャツの定額制サービス』という販売システムとかけあわせることで、サービス自体の注目度を高めることを大きなポイントとしました」と話す。

「UT Picks」は4月5日からユニクロオンラインストアで販売を開始している。MEN、WOMEN(990円)のほか、キッズ(BOYS、GIRLS)を790円で提供する。


「ユニクロ」に関連する記事はこちら
「PARTY」に関連する記事はこちら

Follow Us