メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

モバイル動画時代に求められる新たなクリエイティビティ Facebook「Creative Shop」

share

若年層を中心にモバイルの活用が進み、モバイルに最適化された広告のクリエイティブの開発の必要性が高まっている。Facebook が社内に持つクリエイティブチーム「Creative Shop (クリエイティブショップ)」の田中徹さんに、そのポイントと具体的な事例を聞いた。

fb-1

田中徹(たなか・とおる)
Facebook クリエイティブストラテジスト。電通にコピ ーライターとして入社。クリエイティブディレクター職を経て退社。ONE SKY設立、GT INC.設立を経て 2015年より現職。

広告の主戦場はモバイルに 成否を分けるのは動画活用

いまやスマートフォンは10~20代が日々最も多く接触するメディア※1。Facebookの閲覧も実に90%以上がモバイルからになった。そして、モバイルで接触するコンテンツの中で伸びが著しいのが動画だ。

※1 博報堂DYメディアパートナーズ『メディア定点調査2015』より

1年前と比べ、動画の作成・シェアは約3倍、動画広告の認知効果は静止画の2倍※2という。広告の“主戦場”はモバイルへと移行し、中でもモバイル動画がキャンペーン成功の重要なファクターとなっている。

※2 カンター・ジャパン『Kantar Knowledge Share』調査(2015年11月)より

モバイル動画で人を動かすためには、テレビCMとは異なる知見やノウハウが必要だ。Facebookにおいて、ニュースフィード上で効果的な広告表現を研究開発し、実践している自社内クリエイティブチームが「Creative Shop」である。

Creative Shopの役割は、FacebookやInstagramに最適な広告表現について企業やエージェンシーにシェアし、結果を出せるようにサポートすることだ。そのためにワークショップの開催や、広告キャンペーンの企画開発も行っている。

「テレビのような大きな画面でメッセージを伝える術は心得ていても、モバイルの小さな画面に関しては、まだ試行錯誤している企業が少なくない。FacebookやInstagramでの広告展開に興味はあるが、実際どうすればいいのか?という企業の相談に乗っています」とFacebook クリエイティブストラテジストの田中徹さんは言う。

fb-3

01 SUUMO のキャンペーン第1弾。「読書好き」「料理好き」「サーフィン好き」の3つのタイプの部屋を用意し、各部屋での暮らしの様子を切り取った15秒動画を3パターンずつ、合計9本Instagram上で展開した。

次ページ 「若年層向けに動画を展開 SUUMOのキャンペーン」へ続く


問い合わせ
Facebook広告主向けサポート
https://www.facebook.com/business/resources/

Follow Us